Control F を使用して、各カタログの特定のエラーコードを検索します。エラーコードの検索には、画面右上の検索ボックスをご利用ください。


コード 重大度 メッセージ 原因/処置
112000 FATAL Usage: “%s %s”. Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP HANA createスクリプトに無効なパラメーターが指定された。

処置: 適切なパラメーターをSAP HANA createスクリプトに指定してください。

112004 ERROR The “%s” parameter was not specified for the “%s” function on “%s”. If this was a command line operation, specify the correct parameters, otherwise consult the troubleshooting documentation.

原因: 内部SAPオブジェクトの作成において無効なパラメーターが指定された。

処置: SIDおよびインスタンスまたはLifeKeeper のリソースタグ名のいずれかを指定してください。

112013 ERROR The file “%s” does not exist or was not readable on “%s”. Verify that the specified file exists and/or is readable.

原因: sapservices ファイルが存在しないか、読み込み不可。

処置: sapservices ファイルが存在し、読み込み可能であることを確認してください。

112017 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上で指定したリソースに関連する情報を見つけることができない。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していて、すべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112019 ERROR The update of the resource information field for resource with tag “%s” has failed on “%s”. View the resource properties manually using ins_list -t <tag> to verify the resource is functional.

原因: 指定したサーバーで指定したリソースの LifeKeeper リソース情報フィールドを更新できない。

処置: 指定したサーバーにリソースが存在しているか、もしくはLifeKeeper が起動しているかを確認してください。

112022 ERROR An error occurred trying to find the IP address “%s” on “%s”. Verify the IP address or DNS name exists in DNS or the hosts file

原因: 指定したサーバーにIPアドレスもしくはホスト名が見つからない。

処置: IPアドレスもしくはDNS名がDNSもしくはローカルホストファイルに存在しているかを確認してください。

112024 FATAL There was an error verifying the NFS connections for SAP related mount points on \”$me\”. One or more NFS servers is not operational and needs to be restarted.

原因: SAP_NFS_CHECK_DIRS パラメーター に掲載されている少なくとも一つの NFS 共有ファイルシステムを現在使用できない。

処置: NFSサーバーの起動、すべての必要とされるNFS関連のサービスの起動、すべての必要とされるファイルシステムがエクスポートされていることを確認してください。

112028 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上に指定したリソース情報を確認することができない。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していて、すべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112029 ERROR Cannot access canextend script “%s” on server “%s”

原因: SAP canextend スクリプトが存在していないか、実行できない。

処置: SAP canextend スクリプトが存在していて、実行可能か確認してください。

112037 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”.

原因: 指定した SAP インスタンスを表すための内部の SAP オブジェクトを作成することができない。

処置: SAP インスタンスが正常にインストール、設定されていて、すべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112040 ERROR The SAP Directory “%s” (“%s”) does not exist on “%s”. Verify the directory exists, or create the appropriate directory.

原因: 指定したSAP インストールディレクトリが指定したサーバーに存在していない。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされすべての必要となるファイルシステムがマウントされていることを確認してください。

112041 ERROR The required utility or executable “%s”, was not found or was not executable on “%s”. Verify the SAP installation and location of the required utility.

原因: saphostexec または saposcol が見つからないか実行できない。

処置: SAP Host Agent package が正しくインストールされ、すべての必要となるファイルシステムがマウントされていることを確認してください。

112042 ERROR One or more SAP / LK validation checks has failed on “%s”. Please update the version of SAP on this host to include the SAPHOST and SAPCONTROL Packages.

原因: saphostexec または saposcol が見つからないか実行できない。

処置: SAP Host Agent package が正しくインストールされ、すべての必要となるファイルシステムがマウントされていることを確認してください。

112048 ERROR The SAP instance “%s” is already under LifeKeeper protection on server “%s”. Choose another SAP Instance to protect or specify the correct SAP instance.

原因: 指定した SAP インスタンスはすでに指定したサーバーでLifeKeeper により保護されている。

処置: まだLifeKeeper により保護されていない SAP インスタンスを選択してください。

112049 ERROR Error getting SAP “%s” value from “%s” on “%s”. Verify the value exists in the specified file.

原因: SAP のマウント (sapmnt) ディレクトリの場所を特定できない。

処置: すべての必要となるファイルシステムがマウントされ、すべての必要となる SAP インスタンスプロファイルがアクセス可能になっていることを確認してください。

112051 ERROR The “%s” or “%s” value in the file “%s” is still set to the physical server name on “%s”. The value(s) must be set to a virtual server name.

原因: 指定したサーバーで指定したホスト名のパラメーターが物理サーバーのホスト名に指定されている。

処置: ホスト名のパラメーターは仮想ホスト名に設定してください。

112053 ERROR Detected multiple instance directories for the SAP SID “%s” with Instance ID “%s” in directory “%s” on “%s”. Multiple Instance directories with the same Instance ID is not a supported configuration.

原因: 同じインスタンス番号のSAP インスタンスが、同じ SAP SID 下に検出された。

処置: SAP環境を再構築することで、指定した SAP SID 下の各インスタンスが一意のインスタンス番号をもつことができます。

112056 ERROR The NFS export for the path “%s” required by the instance “%s” for the “%s” directory does not have an NFS hierarchy protecting it on “%s”. You must create a NFS hierarchy to protect the SAP NFS Exports before creating the SAP hierarchy.

原因: 指定したファイルシステムのNFS エクスポートが LifeKeeper により保護されていません。

処置: エクスポートしたファイルシステムの LifeKeeper NFS 階層を作成し、SAP リソースを作成してください。

112057 ERROR Unable to create a file system resource hierarchy for the file system “%s” on “%s”.

原因: 指定したサーバーで指定したファイルシステムを保護するための LifeKeeper ファイルシステムリソース階層を作成することができない。

処置: 詳細について LifeKeeper とシステムログを確認してください。

112058 ERROR Unable to create a dependency between parent tag “%s” and child tag “%s” on “%s”.

原因: 指定したサーバーで指定したリソース間での依存関係を作成できない。

処置: 詳細について LifeKeeper のログを確認してください。

112060 ERROR All attempts at local recovery for the SAP resource “%s” have failed on “%s”. A failover to the backup server will be attempted.

原因: 指定したサーバーで指定した SAP リソースを復旧できない。

処置: SAP リソース階層のフェイルオーバーは自動的に行われます。ユーザーの介入は必要ありません。

112061 ERROR The values specified for the target and the template servers are the same. Please specify the correct values for the target and template servers.

原因: SAP リソース階層の拡張中に提供されたテンプレート/ターゲットサーバーが同一。

処置: テンプレート・ターゲットサーバーの正しい名前を提供し、拡張処理を再度実行してください。

112062 ERROR Unable to find the home directory “%s” for the SAP user “%s” on “%s”. Verify SAP is installed correctly.

原因: 指定したサーバーで指定した SAP ユーザーのホームディレクトリが見つからない。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされ、指定した SID に対する適切な SAP 管理ユーザーがサーバーに存在していることを確認してください。

112063 ERROR The SAP user “%s” does not exist on “%s”. Verify the SAP installation or create the required SAP user specified.

原因: 指定した SAP 管理ユーザーが指定したサーバー上に存在していない。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされているか確認し、必要に応じて SAP 管理ユーザーを作成してください。

112064 ERROR The group id for user “%s” is not the same on template server “%s” and target server “%s”. Please correct the group id for the user so that it matches between the template and target servers.

原因: 指定したSAP 管理ユーザーのグループ IDがテンプレート/ターゲットサーバーで一致していない。

処置: 指定した SAP 管理ユーザーのグループ ID を修正することで、テンプレート/ターゲットサーバーで同一となります。

112065 ERROR The id for user “%s” is not the same on template server “%s” and target server “%s”. Please correct the user id for the user so that it matches between the template and target servers.

原因: 指定した SAP 管理ユーザーの IDがテンプレート/ターゲットサーバーで一致していない。

処置: 指定した SAP 管理ユーザーの ID を修正することで、テンプレート/ターゲットサーバーで同一となります。

112066 ERROR The start and stop files are missing from “%s” on “%s”. Verify that SAP is installed correctly.

原因: 必要な SAP 実行ファイルもしくは SAP インスタンスプロファイルを配置することができない。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされ構成されていて、すべての必要なファイルシステムがマウントされているか確認してください。

112069 ERROR The command “%s” is not found in the “%s” perl module (“%s”) on “%s”. Please check the command specified and retry the operation.

原因: 指定したコマンドが指定したサーバーの sap perl modedule に見つからない。

処置: ユーザーから開始したコマンドアクションによりエラーとなった場合は、正しいルーチン名が remoteControl スクリプトに渡されているかを確認してください。通常のLifeKeeper 運用において発生したエラーの場合は、製品サポートへお問い合わせください。

112071 ERROR The file “%s” exists, but was not read and write enabled on “%s”. Enable read and write permissions on the specified file

原因: 指定したファイルが指定したサーバーで読み込み/書き込み権限をもっていない。

処置: 指定したサーバーで読み込み/書き込み権限を有効にしてください。

112073 ERROR Unable to create an internal object for the SAP instance using SID=”“%s”“, Instance=”“%s”“ and Tag=”“%s”“ on “%s”. The values specified for the object initialization (SID, Instance, Tag, and System) were not valid.

原因: 指定した SAP インスタンスを示すための内部 SAP オブジェクトを作成することができない。

処置: SAP インスタンスが正常にインストール、設定されていて、すべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112074 WARN Warning: The profile file %s for SID %s and Instance %s has Autostart is enabled on %s. Disable Autostart for the specified instance by setting Autostart=0 in the profile file

原因: Autostart パラメーターが指定したサーバーの指定したインスタンスプロファイルで有効になっている。

処置: 指定した SAP インスタンスがインスタンスプロファイルの中で ‘Autostart = 0’に設定されており、Autostartが有効になっています。Autostartを無効にしてください。

112076 ERROR Unable to start the sapstartsrv service for SAP SID $sid and SAP instance $Instance on $me. Verify that the sapservices file is correct and the process can be started manually.

原因: 指定した SAP インスタンスに対して SAP Start Service (sapstartsrv) のプロセスを開始できない。

処置: sapservices ファイルがsapstartsrv プロセスを開始するための適切なコマンドを含んでいて、そのプロセスを手動で開始できるかを確認してください。

112077 ERROR Unable to stop the sapstartsrv service for SAP SID %s and SAP instance %s on %s. Verify that the sapservices file is correct and the process can be stopped manually.

原因: 指定した SAP インスタンスに対して SAP Start Service (sapstartsrv) プロセスを停止することができない。

処置: sapservices ファイルが sapstartsrv プロセスを開始するための適切なコマンドを含んでいて、そのプロセスを手動で開始できるかを確認してください。

112086 ERROR The ERS resource corresponding to resource %s is in-service and maintaining backup locks on a remote system. Bringing resource %s in-service on %s would result in a loss of the backup lock table. Please bring resource %s in-service on the system where the corresponding ERS resource is currently in-service in order to maintain consistency of the lock table. In order to force resource %s in-service on %s, either (i) run the command \’/opt/LifeKeeper/bin/flg_create -f sap_cs_force_restore_%s\’ as root on %s and reattempt the in-service operation or (ii) take the corresponding ERS resource out of service on the remote system. Both of these actions will result in a loss of the backup lock table.

原因: ASCS/SCS リソースに対応する ERS インスタンスがクラスタ内の異なるサーバーで起動し、バックアップのエンキューテーブルを保存していたので、ASCS/SCS リソースに対して in-service 処理が試された。

処置: バックアップのエンキューテーブルを取得するためにERSインスタンスが起動しているサーバーで、ASCS/SCS リソースを in-sevice にしてください。ASCS/SCS リソースを強制的に in-service にする場合は、 ‘/opt/LifeKeeper/bin/flg_create -f sap_cs_force_restore_<ASCS/SCS Tag>’ コマンドを実行し in-service 処理を試みるか、またはリモートサーバーで対応する ERS リソースを out of service にしてください。これら両方の操作を実行すると、バックアップのエンキューテーブルが失われます。

112089 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: GetEnqVersion ルーチンがサポートされていない SAP インスタンスのタイプに対して呼び出された。インスタンスタイプ 1 (TYPE_CS), 2 (TYPE_ERS), 5 (TYPE_NEW_ERS) のみがサポート対象です。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112095 ERROR Error creating resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバーに指定したリソースを作成することができない。

処置: 指定したサーバーにSAP ソフトウェアが正常にインストールされ、すべての必要なファイルシステムがマウントされアクセス可能になっていることを確認してください。

112101 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができない。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112102 ERROR Cannot extend resource “%s” to server “%s”

原因: 指定したサーバーへ拡張したリソースを作成することができない。

処置: SAP ソフトウェアがターゲットサーバーに正常にインストールされ、すべての必要なファイルシステムがターゲットシステムからアクセス可能になっていることを確認してください。

112103 ERROR Error creating resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバーに指定したリソースを作成することができない。

処置: 指定したサーバーにSAP ソフトウェアが正常にインストールされ、すべての必要なファイルシステムがマウントされアクセス可能になっていることを確認してください。

112104 ERROR Cannot access extend script “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバーに指定した extend スクリプトが存在しないか実行することができない。

処置: すべての必要なリカバリーキットがインストールされ、extend スクリプトが実行可能か確認してください。

112106 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができませんでした。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112112 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができませんでした。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112115 FATAL Error getting resource information for resource \”$tag\” on server \”$sap::me\”.

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができませんでした。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112119 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができませんでした。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112123 ERROR Error getting resource information for resource “%s” on server “%s”

原因: 指定したサーバー上の指定したリソース情報を確認することができませんでした。

処置: 指定したサーバーに指定したリソースが存在していてすべての必要なファイルシステムがマウントされているかを確認してください。

112124 ERROR Resource with either matching tag “%s” or id “%s” already exists on server “%s” for App “%s” and Type “%s”

原因: 指定したリソースタグ名もしくは ID および同一のアプリケーション、タイプをもつリソースがすでに指定したサーバーに存在しています。

処置: SAP インスタンスが指定したサーバーでまだLifeKeeper に保護されていないことを確認してください。まだ保護されていない場合は、別のリソースタグ名を選択してください。

112125 ERROR Unable to create an SAP object for resource %s on system %s.

原因: 指定のサーバーで指定されたリソースを示すための SAP オブジェクトを作成することができない。

処置: 指定したサーバーにSAP ソフトウェアが正常にインストールされ、すべての必要なファイルシステムがマウントされアクセス可能になっていることを確認してください。

112126 ERROR Usage: “%s %s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP canextend スクリプトの使用に誤りがあります。

処置: canextend スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: canextend <template server> <template tag>

112127 FATAL Usage: \”$cmd $usage\” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP delete スクリプトの使用に誤りがある。

処置: SAP delete スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: delete [-U] -t <tag> -i <id>

112128 FATAL Usage: “%s %s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP depstoextend スクリプトの使用に誤りがある。

処置: depstoextend スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: depstoextend <template server> <template tag>

112129 FATAL Usage: “%s %s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP extend スクリプトの使用に誤りがある。

処置: extend スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: extend <template server> <template tag> <switchback> <target tag>

112130 FATAL Usage: \”$cmd $usage\” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP quickCheck スクリプトの使用に誤りがある。

処置: quickCheck スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: quickCheck -t <tag> -i <id>

112131 FATAL Usage: “%s %s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP recover スクリプトの使用に誤りがある。

処置: recover スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: recover -d <tag>

112132 FATAL Usage: \”$cmd $usage\”. Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP remoteControl スクリプトの使用に誤りがある。

処置: remoteControl スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: remoteControl <tag> <remote instance> <remote cmd> <remote cmd option> <primary system> <primary tag>

112133 FATAL Usage: “%s %s”. Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP remove スクリプトの使用に誤りがある。

処置: remove スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: remove -t <tag> -i <id>

112134 FATAL Usage: \”$cmd $usage\”. Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAP restore スクリプトの使用に誤りがある。

処置: restore スクリプトに対する正しいパラメーターを指定してください。: restore -t <tag> -i <id>

112135 ERROR Usage: “%s” “%s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAPInstanceCmd ルーチンの使用に誤りがある。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112136 ERROR Usage: “%s” “%s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: SAPInstanceCmd ルーチンの使用に誤りがある。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112137 ERROR Usage: “%s%s” Specify the correct usage for the requested command.

原因: CleanUpルーチンの使用に誤りがある。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112138 ERROR The SAP Instance “%s” and all required processes were not started successfully during the “%s” on server “%s”. Please check the LifeKeeper and system logs for additional messages and retry the operation.

原因: 指定したサーバーで、指定した SAP インスタンスに対する少なくとも1つのプロセスが正常に開始されませんでした。

処置: LifeKeeper/システムログ, SAP トレースファイルなどから原因を調査し、操作を再度行ってください。

112140 ERROR The \”<tag>\” parameter was not specified for the \”$func\” function on \”$me\”. If this was a command line operation, specify the correct parameters, otherwise consult the troubleshooting documentation.

原因: 指定したサーバーでタグパラメーターが GetLK ルーチンに指定されていません。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112141 ERROR The “%s” parameter was not specified for the “%s” function on “%s”. If this was a command line operation, specify the correct parameters, otherwise consult the troubleshooting documentation.

原因: SID もしくは SID のどちらかが指定したサーバーの StatusSapServer ルーチン に指定されていません。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112142 ERROR The “%s” parameter was not specified for the “%s” function on “%s”. If this was a command line operation, specify the correct parameters, otherwise consult the troubleshooting documentation.

原因: SID、インスタンス、インスタンス番号のいずれかが指定のサーバーの StartSapServer ルーチンに提供されていない。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112143 ERROR The “%s” parameter was not specified for the “%s” function on “%s”. If this was a command line operation, specify the correct parameters, otherwise consult the troubleshooting documentation.

原因: SID、インスタンス、インスタンス番号のいずれかが指定のサーバーの StopSapServer ルーチンで指定されていない。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112173 ERROR The file “%s” does not exist or was not readable on “%s”. Verify that the specified file exists and/or is readable.

原因: 指定したファイルが指定したサーバーに存在しないか、読み込み不可になっている。

処置: ファイルが存在しているかを確認および/もしくは権限を修正して読み込み可能な状態にしてください。

112174 ERROR The file “%s” does not exist or was not readable on “%s”. Verify that the specified file exists and/or is readable.

原因: 指定したファイルが指定したサーバーに存在しないか、読み込み不可になっています。

処置: ファイルが存在しているかを確認および/もしくは権限を修正して読み込み可能な状態にしてください。

112175 ERROR The file “%s” does not exist or was not readable on “%s”. Verify that the specified file exists and/or is readable.

原因: 指定したファイルが指定したサーバーに存在しないか、読み込み不可になっている。

処置: ファイルが存在しているかを確認および/もしくは権限を修正して読み込み可能な状態にしてください。

112194 ERROR There was an error verifying the NFS connections for SAP related mount points on “%s”. One or more NFS servers is not operational and needs to be restarted.

原因: マウントポイントが /etc/default/LifeKeeper の SAP_NFS_CHECK_DIRS エントリに記述されている少なくとも一つの 重要なNFS 共有システムが現在無効となっている。

処置: すべての必要な NFS 共有ファイルシステムがアクセス可能であることを確認し、現在操作不可となっている NFS サーバーを再起動してください。

112196 WARN There was an error verifying the NFS connections for SAP related mount points on “%s”. One or more NFS servers is not operational and needs to be restarted.

原因: マウントポイントが /etc/default/LifeKeeper の SAP_NFS_CHECK_DIRS エントリに記述されている少なくとも一つの 重要なNFS 共有システムが現在無効となっている。

処置: すべての必要な NFS 共有ファイルシステムがアクセス可能であることを確認し、現在操作不可となっている NFS サーバーを再起動してください。

112201 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs

原因: リソースタグの引数が GetLKEquivルーチンに提供されていません。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112202 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs.

原因: 内部 SAP オブジェクトにすべてのユーザー情報フィールドがすでに存在しています。

処置: 操作は必要ありません。

112203 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs

原因: SAP インスタンス番号が IsInstanceRunning ルーチンに提供されていません。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112204 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs.

原因: saphostexec もしくは saposcol コマンドのどちらを使用するか判断できない。

処置: SAP kernel 7.3より前のSAP NetWeave に対して SAP_SRVHOST_CMD, SAP_HOSTCTL_CMD, SAP_OSCOL_CMD を使用している場合は、チューニングが正しく設定されていることを確認してください。

112205 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs.

原因: SAP インスタンスが 指定したサーバーのSAPRemExec ルーチンに提供されなかった。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112206 ERROR The internal object value “%s” was empty. Unable to complete “%s” on “%s”. Additional information available in the LifeKeeper and system logs.

原因: 指定したサーバーで SAPRemExec ルーチンに対するアクションが提供されませんでした。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112208 ERROR Error getting SAP “%s” value from “%s” on “%s”. Verify the value exists in the specified file.

原因: 指定したサーバーで提供されたプロファイルから仮想IPもしくはホスト名を取得できない。

処置: プロファイルに適切なエントリーが存在していることを確認してください。

112209 ERROR Error getting SAP \“default (DFLTInfo)\” value from \”$DPFL\” on \”$me\”. Verify the value exists in the specified file.

原因: 指定したサーバーで提供されたプロファイルから SAP インスタンスに関する情報を取得できない。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされ提供されたプロファイルが存在および読み込み可能となっていることを確認してください。

112210 ERROR The “%s” or “%s” value in the file “%s” is still set to the physical server name on “%s”. The value(s) must be set to a virtual server name.

原因: ホスト名のパラメーターが物理サーバーのホスト名に設定されている。

処置: 定義されたホスト名のパラメーターを仮想ホスト名に設定してください。

112214 ERROR “%s”: Unable to determine the status of the path “%s” (“%s”) on “%s”. The path on %s may require the execution of the command: mount <ip>:<export> %s. Verify the installation and mount points are correct on this server.

原因: 指定したパスのファイルシステムのステータスを判断できません。

処置: SAP ソフトウェアが正常にインストールされすべての必要となるファイルシステムがマウントされていることを確認してください。

112219 ERROR The file “%s” exists, but was not read and write enabled on “%s”. Enable read and write permissions on the specified file

原因: 指定したファイルが指定したサーバーで読み込み/書き込み権限をもっていない。

処置: 指定したサーバーの読み込み/書き込み権限を有効にしてください。

112220 ERROR Unable to start the sapstartsrv service for SAP SID %s and SAP instance %s on %s. Verify that the sapservices file is correct and the process can be started manually.

原因: 指定した SAP インスタンスに対する SAP Start Service (sapstartsrv) プロセスを開始できない。

処置: sapservices ファイルがsapstartsrv プロセスを開始するための適切なコマンドを含んでいて、そのプロセスを手動で開始できるかを確認してください。

112221 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112222 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112223 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112224 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112225 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112226 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112227 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112228 ERROR %s was called for a resource with unsupported instance type %s. This method supports only SAP instance type(s) %s. Additional information is available in the LifeKeeper and system logs.

原因: サポートされていないインスタンスタイプの内部SAPオブジェクトに対して、指定されたルーチンが呼び出された。

処置: こちらは内部エラーです。SIOS カスタマーセンターへお問い合わせください。

112976 ERROR There is no LifeKeeper protected resource with tag $tag on system $me.

原因: SAP canfailover スクリプトに渡されたリソースタグに対応する LifeKeeper リソースがない。

処置: リソースタグ名が正しいことを確認し再度コマンドを実行してください。

112977 ERROR Resource $tag is not a $app/$typ resource. Please use the $ins_app/$ins_typ resource-specific canfailover script instead.

原因: SAP canfailover スクリプトに渡された LifeKeeper リソースが、SAP(appsuite/sap)リソースではない。

処置: 指定したリソースに対して適切なタイプ固有の canfailover スクリプトを使用してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信