The LifeKeeper Communications Manager (LCM) は、1 台以上の LifeKeeper サーバ上にあるプロセス間に信頼性の高い通信を提供します。このプロセスは、システム間の冗長コミュニケーションパスを使用できるので、1 つのコミュニケーションパスに障害が発生しても、LifeKeeperやそれが保護するリソースには障害が発生しません。LCM は、RS-232 (TTY) と TCP/IP の接続を含む多様な通信方法をサポートしています。

LCM は以下の機能を提供します。


    • LifeKeeper のハートビート。 接続している他の LifeKeeper システムと定期的に通信して、他のシステムが動作を継続しているかどうかを判断します。LifeKeeper はハートビート信号がないことを認識することにより、他の方法では検出されないシステム全体の障害を検出できます。

    • 管理サービス。 LifeKeeper の管理機能は、LCM の機能を使用してリモート管理を実行します。この機能は、シングルポイントの管理、設定の検証、および管理動作の正常性チェックに使用されます。
    • 設定とステータスの通信。 LifeKeeper 設定データベース (LCD) は、リソースのステータス、可用性、および設定を LCM 機能経由で記録します。LCM の機能により、LCD はプライマリとセカンダリのシステム間で整合性のあるリソース情報を保持できます。
    • フェイルオーバリカバリ。 あるシステム上のリソースに障害が発生すると、LCM は LifeKeeper に、バックアップシステム上にリソースを復旧するように通知します。

LCM が提供する LifeKeeper のサービスに加えて、shell コマンドセットによりアプリケーションによる信頼性の高いシステム間通信が可能です。これらのコマンドとして、snd_msg, rcv_msgcan_talk などがあります。これらのコマンドの詳細については、LCMI_mailboxes (1M) のマニュアルページを参照してください。LCM はシステム上でリアルタイムプロセスとして動作し、システムのハートビートが送信されるなどの重要な通信が確実に実行されるようにします。

関連トピック

_______________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

通信ステータスの情報

LifeKeeper の警報とリカバリ

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信