SPS for Linux では、サーバーごとに別々のライセンスが必要です。ライセンスは、ランタイムライセンスです。つまり、SPS のインストールはライセンスなしでも可能ですが、正常に製品を起動して実行するためには、事前にライセンスをインストールする必要があります。

参考動画 ライセンスのアクティベートについて(英語)

参考動画 ライセンスのインストールについて(英語)

インストールスクリプトによってインストールされるライセンスユーティリティーパッケージは、SIOS Protection Suite ソフトウェアの初期インストール時にサーバーの使用可能なすべての Host ID を取得して表示します。ライセンスがインストールされると、このユーティリティーは Entitlement ID (使用可能な場合) または Host ID (使用できない場合) を返します。

リリース 8.2.0 以降に SIOS Technology Corp. ライセンス管理ポータル から取得した新しいライセンスには Entitlement ID が含まれ、クラスター内の特定のノードにロックされることはありません。8.2.0 より前にライセンスを取得した既存ユーザーは、以下の既存ユーザー向けのライセンスリホストセクションを参照してください。SIOS Protection Suite ソフトウェアと一緒に提供された Entitlement ID (認証コード) は、SIOS Protection Suite ソフトウェアを実行するために必要なパーマネントライセンスを取得するために使用されます。このプロセスを以下の図に示します。

ライセンスキーマネージャー

SIOS Protection Suite for Linux製品ライセンスのインストールに加えて、 ライセンスキーマネージャー を使用すると、以下の機能を実行できます。

  • システムに現在インストールされているすべてのライセンスを表示する
  • 有効期限が近付いている各ライセンスの有効期限通知(残り日数)をすべて表示する
  • 現在インストールされている無効なライセンスを特定する
  • インストールされているライセンスをすべて削除する(ライセンスを右クリックして [削除] を選択)
  • 期限切れのライセンスをすべてグループとして削除する( [期限切れのライセンスを削除] ボタンを押す)
  • ソフトウェアのインストールやアップグレードの際に、インストール済みのライセンスリストを [更新] する

各サーバーのライセンスを取得してインストールするには、次の手順を実行します。

  1. Host ID を取得します。 SPSのインストールの最後に、 ライセンスキーインストーラーユーティリティ に表示される Host ID をメモしてください。
  1. Host ID をノートにメモするか、ファイルに保存します。ファイルに保存した場合は、そのファイルをインターネットにアクセスできるシステムにコピーしてください。それ以外の場合は、インターネットにアクセスできるシステムまでノートを持っていってください。
  1. SIOS Protection Suite Entitlement ID (認証コード) を所有していることを確認します。ライセンスを取得するために必要な Entitlement ID が記載された E メールをソフトウェアとともに受け取っているはずです。
  1. SIOS Technology Corp. の Licensing Operations Portal からライセンスを取得します。

a. インターネットにアクセスできるシステムから SIOS Technology Corp. の Licensing Operations Portal にアクセスし、 ユーザー名パスワード を入力してログインします。(アカウントをお持ちでない場合は登録してください。)
注記: 新規ユーザーの場合、出荷メールに記載されているEntitlement IDを入力してください。

b. [Activation and Entitlements] ドロップダウンから、 [List Entitlements] を選択します。

c. ライセンスを取得したい製品の左側にあるチェックボックスにチェックを入れます。

d. [Action] ドロップダウンから [Activate] を選択し、必要な情報 (システムのHOSTNAMEなど)を入力して [Next] を選択します。

e [Gray Plus Sign] をクリックして定義済みのホストを選択するか、 [Green Plus Sign] を選択して新しいホストを作成します。

f. [Node Locked Host] の選択肢に [ANY] が表示されている場合には [ANY] を選択して [OK] をクリックしてください。[ANY] が表示されていない場合には [ETHERNET MAC ADDRESS] を選択し、Host ID(MACアドレス)を入力して [OK] をクリックし、次に [Generate] をクリックします。

g. [Fulfillment ID] の左側のボックスをオンにして、 [Complete] を選択します。

h. [License Support] ドロップダウンから [List Licenses] を選択します。 [Fulfillment ID] の左側のボックスをオンにして、 [View] ドロップダウンから [Email] を選択します。

i. ライセンス送信先の有効なメールアドレスを入力して、 [Send] を選択します。

j. 受信したメールを確認します。

k. ファイルを該当するシステムにコピーします。

  1. ライセンスをインストールします。

  • 各システム上で、ライセンスファイルを /var/LifeKeeper/licenseにコピーします。/opt/LifeKeeper/bin/lkkeyins を実行し、ファイル名(フルパスを含む)を指定します。
  1. その他のサーバーについて、上記の手順を繰り返します。他のSPSサーバー上では、サーバーごとに一意の Host ID を使用してライセンスをインストールする必要があります
  1. SIOS Protection Suite for Linuxを再起動します。

ライセンスキーインストーラーユーティリティー で使用されるホスト ID は、 SIOS Protection Suite for Linux サーバーのプライマリーネットワークインターフェースカード (NIC) から取得されます。 SIOS Protection Suite for Linux は、起動されるたびに有効なライセンスを確認します。将来、 SIOS Protection Suite for Linux サーバーの NIC を交換してホスト ID が変わった場合は、次に SIOS Protection Suite for Linux を停止したとき、再起動する前にライセンスの Rehost を実行する必要があります。 SIOS Technology Corp. の Licensing Operations Portal にログインして、画面上メニューを [License Support] > [List Licenses] とクリックして画面遷移させた後、目的のライセンスを選択して [Action] > [Rehost] の順に選択し、Rehost を実行してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信