メンテナンス

ここでは、LifeKeeper で保護しているマシンやリソースでメンテナンスを実施する場合の手順を説明します。

構成

本ガイドでは LifeKeeper v9.5.0 を使用し、構成は以下の2ノードを想定しています。

 

LifeKeeper で保護されているマシンのメンテナンス

ここでは、LifeKeeper が動作しているマシンのシャットダウンなど、LifeKeeper 本体・マシン内のすべてのリソースに影響を与えるメンテナンス作業を、target1 で実施する手順を記載します。

コマンドは target1 で実行してください。

  1. target1 でアクティブになっているリソースを、target2 に切り替えます。

i. target1 ですべてのリソースのステータスを確認します。もし STATEISP になっているリソースがある場合は、そのリソースのタグ名をメモします。

[target1]# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1

ii. target1 で ISP になっているリソースをひとつずつ target2 に切り替えます。なお、—remote オプションを使うことで、target1 上からコマンドを実行できます。

[target1]# lkcli resource restore --tag ip-10.1.6.100 --remote target2
BEGIN restore of "ip-10.1.6.100"
END successful restore of "ip-10.1.6.100"

iii. target1で、すべてのリソースのステータスを再確認します。
   すべてのリソースで STATEOSU になっていることを確認してください。

[target1]# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  OSU          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1
  1. target1 の LifeKeeper を停止します。-fオプションをつけることで、LifeKeeper 停止時に行われる、リソースの停止処理をスキップします。
[target1]# lkcli stop -f
Removed /etc/systemd/system/lifekeeper-graphical.target.requires/lifekeeper.service.
Removed    /etc/systemd/system/lifekeeper-multi-user.target.requires/lifekeeper.service.
  1. target1 でメンテナンスを実施してください。
  1. target1 の LifeKeeper を起動します。
[target1]# lkcli start
Created symlink /etc/systemd/system/lifekeeper-graphical.target.requires/lifekeeper.service → /usr/lib/systemd/system/lifekeeper.service.
Created symlink /etc/systemd/system/lifekeeper-multi-user.target.requires/lifekeeper.service → /usr/lib/systemd/system/lifekeeper.service.
  1. 必要に応じて target1 でリソースを ISP にします。
[target1]# lkcli resource restore --tag ip-10.1.6.100
BEGIN restore of "ip-10.1.6.100"
END successful restore of "ip-10.1.6.100"

参考資料: LifeKeeper が保護するシステムのメンテナンス

 

LifeKeeper で保護されているリソースのメンテナンス

ここでは、マシン内の特定のリソースのみのメンテナンス作業を実施する場合の手順を記載します。

コマンドは target1 で実行してください。

  1. target1 でアクティブになっているリソースを、target2 に切り替えます。

i. target1 ですべてのリソースのステータスを確認します。もし STATEISP になっているリソースがある場合は、ステップ ii 以降の手順でリソースをスイッチオーバーしてください。

[target1]# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1

ii. target1 で ISP になっているリソースについて、target2 でのタグ名を確認します。

[target1]# lkcli status -q --remote target2
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target2  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  OSU         10  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target1  TCP     10.1.6.89/10.1.6.88  ALIVE        1

iii. target1 で ISP になっているリソースをひとつずつ target2 に切り替えます。

[target1]# lkcli resource restore --tag ip-10.1.6.100 --remote target2
BEGIN restore of "ip-10.1.6.100"
END successful restore of "ip-10.1.6.100"

iv. target1 で、すべてのリソースのステータスを再確認します。
すべてのリソースで STATEOSU になっていることを確認してください。

[target1]# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  OSU          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1
  1. OSU にしたリソースに対してメンテナンスを実施してください。
  1. 必要に応じて target1 でリソースを ISP にします。
[target1]# lkcli resource restore --tag ip-10.1.6.100
BEGIN restore of "ip-10.1.6.100"
END successful restore of "ip-10.1.6.100"

参考資料: リソース階層のメンテナンス

 

リソースの設定変更

ここでは、例としてIP リソースの設定を変更する手順を記載します。
IP リソース以外については「ARK 毎のサブコマンド 」を参考に、手順を適宜読み替えてください。

本ガイドでは LifeKeeper v9.5.0 を使用します。

  1. 設定を変更したいリソースのタグ名を確認します。
# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1
  1. タグ名をもとに、リソースの種類と現在の設定値を確認します。
    なお、リソースの種類は「ARK 毎のサブコマンド 」をご参照ください。
# lkcli resource info --tag ip-10.1.6.100
---
app: comm
priority: 1
properties:
  device: ens192
  ipaddr: 10.1.6.100
  netmask: 255.255.255.0
  pinglist: ''
  realip: 0
  restoremode: Enabled
  srcaddr: 0
switchback: INTELLIGENT
tag: ip-10.1.6.100
typ: ip
  1. リソースの設定を変更します。ここでは restoremode を Disabled に変更します。
# lkcli resource config ip --tag ip-10.1.6.100 --restoremode Disabled
Performing restoremode change ...
 
restoremode change successful.
  1. リソースの設定値が変化していることを確認します。
# lkcli resource info --tag ip-10.1.6.100
---
app: comm
priority: 1
properties:
  device: ens192
  ipaddr: 10.1.6.100
  netmask: 255.255.255.0
  pinglist: ''
  realip: 0
  restoremode: Disabled
  srcaddr: 0
switchback: INTELLIGENT
tag: ip-10.1.6.100
typ: ip

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信