前のセクションで説明した設定作業を完了すると、SAP MaxDB リソース階層の作成および拡張の準備が整います。

SPS for Linux SAP MaxDB Recovery Kit の設定には、以下のタスクが利用可能です。

  • リソース階層の作成 - SAP MaxDB リソース階層を作成する
  • リソース階層の削除 - SAP MaxDB リソース階層を削除する
  • リソース階層の拡張 - SAP MaxDB リソース階層をプライマリサーバーからバックアップサーバーに拡張する
  • リソース階層の拡張解除 - SAP MaxDB リソース階層を SPS クラスター内の単一のサーバーから拡張を解除(削除)する

LifeKeeper Core のリソース階層の設定手順については、SIOS テクノロジーのウェブサイトに掲載している SPS for Linux テクニカルドキュメント を参照してください。

以下のタスクはすべての Recovery Kit で共通の手順であるため、SPS for Linux テクニカルドキュメント管理 セクションで説明しています。

  • Create a Resource Dependency - 既存のリソース階層と別のリソースインスタンスとの間に親子関係を作成し、クラスター内のすべてのターゲットサーバーに依存関係の変更を伝播します。
  • Delete a Resource Dependency - リソースの依存関係を削除し、クラスター内のすべてのターゲットサーバーに依存関係の変更を伝播します。
  • In Service - リソース階層を特定のサーバー上でアクティブにします。
  • Out of Service - 特定のサーバー上でリソース階層を非アクティブにします。
  • View /Edit - 特定のサーバー上のリソース階層のプロパティの表示または編集を行います。

注記: このセクションの残りの部分では、設定は [Edit] メニューから実行します。また、次の操作によってほとんどのタスクを実行することができます。

  • ツールバーから実行する
  • [Status] 画面の左ペインにある [global resource] を右クリックする
  • [Status] 画面の右ペインにある [resource] を右クリックする

右クリックを使用することにより、 [Edit] メニューを使用して情報を入力しないで済みます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信