SPS for Linux Samba Recovery Kit をインストールする前に、SPS の構成が次の要件を満たしている必要があります。SPS for Linux ハードウェアおよびソフトウェアの設定に関する具体的な手順については、SIOS Protection Suite インストールガイド を参照してください。

  • LifeKeeper ソフトウェア 。各サーバに同じバージョンの LifeKeeper ソフトウェアと パッチをインストールする必要があります。
  • LifeKeeper IP Recovery Kit 。各サーバの LifeKeeper IP Recovery Kit のバージョンは同 じにする必要があります。
  • IP ネットワークインタフェース 。 各サーバには、イーサーネットTCP/IP をサポートするネットワークインタフェースが 1 つ以上必要です。IP 切り替えが正しく機能するためには、ローカルネットワークに接続したユーザシステムが標準TCP/IP 仕様に準拠している必要があります。

注記 :各サーバが必要とするネットワーク・インタフェースが 1 つだけであっても、異種メディア要件、スループット要件、シングル・ポイント・オブ・フェイルの排除、ネットワークのセグメンテーションといった多くの理由のために、複数のインタフェースを使用すべきです。

  • TCP/IP ソフトウェア 。各サーバは TCP/IP ソフトウェアも必要とします。
  • Samba ソフトウェア 。Samba は LifeKeeper for Linux がサポートしているすべての Linux ディストリビューションに付属しています。Samba Recovery Kit は Red Hat、 SUuSE、Miracle Linux のバージョン 2.0.7 から 2.2.x まででテストされています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信