ステータスを確認するには?

現在の LifeKeeper の状態を確認するには、 lkcli status を使用します。
表示されるメッセージには、実行したノード内のリソースやコミュニケーションパスのステータスが含まれています。

多くのケースでは、一部メッセージが省略された lkcli status -q でも、十分な情報を得られます。q オプションを指定した場合、上のブロックに現在のリソースの情報、下のブロックに現在のコミュニケーションパスの情報が表示されます。

# lkcli status -q
LOCAL    TAG            ID             STATE     PRIO  PRIMARY
target1  ip-10.1.6.100  ip-10.1.6.100  ISP          1  target1
 
MACHINE  NETWORK ADDRESSES/DEVICE     STATE     PRIO
target2  TCP     10.1.6.88/10.1.6.89  ALIVE        1

--remote オプションを利用することで、各ノードにログインすることなく、リソースのステータスを確認できます。その他、オプションや表示されるメッセージなどの詳細につきましては LifeKeeperCLI のマニュアル をご参照ください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信