次の手順は、SAP の SIOS クラスターのスイッチオーバーとフェールオーバーをテストするための手順です。SAP 提供の Windows クライアントである「SAP Logon」または「SAP GUI for Windows」を開きます。プログラムは SAP ダウンロードサイトからダウンロードできます。仮想 IP アドレスは、 [Properties] ページで「アプリケーションサーバー」として使用できます。これにより、仮想 IP が存在するプライマリマシンへの接続がアクティブになります。

  1. LifeKeeper GUI を使用し、ノード 1 → ノード 2 にフェールオーバーします。ノード 2 の下にあるクラスターの一番上のリソースを右クリックし、[In Service …] を選択します。これは、ノード 2 が障害発生時にノード 1 から引き継ぐことができることを示しています。

スイッチオーバーが完了したら、SAP GUI をチェックするか、必要に応じて再接続し、SAP がまだ正常に動作しているかどうかを確認します。

SAP プロセスが OS で実行されているかどうかを確認することもできます。

  1. LifeKeeper GUI を使用し、ノード 2 → ノード 1 にフェールオーバーします。ノード 2 の下にあるクラスターの一番上のリソースを右クリックし、[In Service …] を選択します。これは、ノード 1 が障害発生時にノード 2 から引き継ぐことができることを示しています。

スイッチオーバーが完了したら、SAP GUI をチェックするか、必要に応じて再接続し、SAP がまだ正常に動作しているかどうかを確認します。

SAP プロセスが OS で実行されているかどうかを確認することもできます。

  1. ノード 1(アクティブノード)のコマンドラインインターフェースで、次のコマンドを実行して OS の「ハードクラッシュ」を実行します。

# halt -fni

フェールオーバーが完了したら、ノード 2 の LifeKeeper GUI を使用して、サービスが正常にフェールオーバーされたことを目視で確認します。

SAP GUI をチェックするか、必要に応じて再接続し、SAP がまだ正常に動作しているかどうかを確認します。

SAP プロセスが OS で実行されているかどうかを確認することもできます。

ノード 1 を再びオンにし、ノード 2 の LifeKeeper GUI を使用して、ノード 1 のサービスがスタンバイになり、レプリケーションが開始されたことを目視で確認します。

注記: スイッチオーバーまたはフェールオーバーのテストをさらに行う前に、データレプリケーションリソースがすでに同期を完了し、同期中であることを確認してください。

  1. 必要に応じて手順 2 または手順 1 を繰り返し、ノード 1 にスイッチオーバーするか、ノード 2 でさらにクラッシュテストを実行します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信