症状:

ERS インスタンスのステータスチェックを行うと、選択したインスタンスで sapstart が発生する。

ERS インスタンスは、両方のシステムで常に実行されている。

原因:

ERS インスタンスのプロファイルに Autostart=1 が設定されている場合、特定の sapcontrol 呼び出しにより、実行中のコマンドの一部としてインスタンスが起動されます。

処置:

クラスタ内で実行中の ERS インスタンスを停止し、ERS インスタンスのプロファイルを変更して Autostart=0 に設定します。

このプロファイルの変更を有効にするには、sapstartsrvの再起動が必要です。これを行うには、次のコマンドを実行します(を小文字のSAP SIDに置き換え、を大文字のSAP SIDに置き換えてください)。

su – <sid>adm -c “sapcontrol -nr <ERS Inst#> -function RestartService <SID>”

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信