LifeKeeper for Linux DB2 Recovery Kit

Version 8 以降では、DB2 UDB Enterprise Edition(EE)と Enterprise-Extended Edition(EEE)を組み合わせ、DB2 UDB Enterprise Server Edition(ESE)という 1 つの製品を構成しています。旧バージョンは、標準的なリレーショナル・データベース管理システム としての Enterprise Edition(EE)と、マルチ・パーティション・データベースに対応する EE データベース・サーバの拡張版としての Enterprise-Extended Edition(EEE)の、2 種類の別個のエンタープライズ・レベル・データベース・サーバで構成されています。

LifeKeeper for Linux DB2 Recovery Kit は、EE、WE、WSE 環境のデータベース・マネージャ、および EEE 環境のデータベース・パーティション・サーバを保護します。組み合 わせの ESE 環境では、Recovery Kit はデータベース・マネージャとデータベース・パーティション・サーバの両方を保護します。

ユーザは、LifeKeeper クラスタ内の各マシンに DB2 管理サーバを定義することもできます。DB2 管理サーバを定義すると、LifeKeeper は、DB2 階層作成操作と DB2 階層回復操作の機能として、DB2 管理サーバの起動を試みます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信