SAP HANA Recovery Kitは、SAP HANA Platform Edition 2(SP04以降)と互換性があります。

SAP HANAは、可用性を高めるための3つの異なるメカニズムを提供しています。

  • ホストの自動フェイルオーバーSAP HANAシステムに追加された少なくとも1つのスタンバイノード。これらのノードは、スタンバイモードで動作するように構成されています。必要なプロセスまたはデータベースがアクティブでない場合、LifeKeeperはそれらの再起動を試みます。
    プライマリノードでプロセスの再起動に失敗した場合、LifeKeeperはバックアップノードでデータベースをIn Serviceにし、そのノードをSAP HANAシステムレプリケーションのプライマリマスターとして登録し、以前のプライマリノードをセカンダリレプリケーションサイトとして登録しようとします。以前のプライマリノードをセカンダリSAP HANAシステムレプリケーションサイトとして構成できない場合、問題が修正されて正常に登録できようになるまで、そのノードでリソースは障害(OSF)としてマークされます。以前のプライマリノードがセカンダリレプリケーションサイトとして正常に登録されると、LifeKeeperはノード上のSAP HANAリソースの状態をスタンバイ(OSU)に更新します。
  • ストレージレプリケーションSAP HANAプライマリノードで使用されるストレージは、すべてのデータを別のSAP HANAノードに複製します。この複製は、SAP HANA システムからの制御プロセスなしで実行されます。このストレージレプリケーション機能は、ハードウェアパートナーが提供します。
  • システムレプリケーションSAP HANAは、SAP独自の組み込みレプリケーションフレームワークを使用して、SAP HANAプライマリノードからバックアップノードにすべてのデータを複製します。データはSAP HANAセカンダリノードに常にプリロードされます。

SAP HANA Recovery Kitを使用すると、システムレプリケーションを使用しているSAP HANAシステムをSIOS LifeKeeperで保護および管理できます。

Recovery Kitは、すべてのノードでSAP HANAシステムを起動し、SAP HANAシステムレプリケーションのテイクオーバーおよびレプリケーションサイト登録プロセスを実行できます。SAP HANAシステムの機能を保証するために、以下のプロセスと状態が継続的に監視されます。

  • すべてのノード上の SAP ホストエージェント
  • すべてのノード上のHDBインスタンスのSAP Start Service(sapstartsrv)
  • すべてのノード上のSAP HANAデータベースの状態
  • SAP HANAシステムレプリケーションモードの状態(アクティブノードでプライマリ、セカンダリノードでsync|syncmem|async)

必要なプロセスまたはデータベースがアクティブでない場合、LifeKeeperはそれらの再起動を試みます。プライマリノードでプロセスの再起動に失敗した場合、LifeKeeperはバックアップノードでデータベースをIn Serviceにし、そのノードをSAP HANAシステムレプリケーションのプライマリマスターとして登録して、以前のプライマリノードをセカンダリレプリケーションサイトとして登録しようとします。以前のプライマリノードをセカンダリSAP HANAシステムレプリケーションサイトとして構成できない場合、問題が修正されて正常に登録できるまで、そのノードでリソースは障害(OSF)としてマークされます。以前のプライマリノードがセカンダリレプリケーションサイトとして正常に登録されると、LifeKeeperはノード上のSAP HANAリソースの状態をスタンバイ(OSU)に更新します。

SAP HANAシステムレプリケーションの状態が無効の場合、SAP HANAリソースも「Out of Service – Faulty」(OSF)状態になります。テイクオーバーを実行するかどうか、またはSAP HANAシステムレプリケーションモードの修正方法については、データベース管理者に相談して決定する必要があります。

LifeKeeperでSAP HANAリソースに対して「Out of Service」アクションを実行すると、デフォルトではプライマリノード上のデータベースのみが停止します。セカンダリノードのデータベースは引き続きアクティブで、SAP HANAシステムレプリケーションモードを保持します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信