SAP HANA Recovery Kit は、マルチテナントデータベース環境でも動作することが可能です。ただし、下記の動作と特記事項についてご注意ください。

  • SAP HANA システムレプリケーション (HSR) は、 リカバリーキットの HSR モニタリングを正しく機能させるために、システム上の 全ての テナントデータベースに対するレプリケーションを正常に初期化できる必要があります。 つまり、例えば HSR を有効にする前に、全てのテナントデータベースのバックアップを取得する必要があるということです。HSR が保護されたインスタンス内に含まれるいずれかのテナントデータベースに対して非同期である場合、SAP HANA Recovery Kit は 、スタンバイシステムに !HANA_DATA_OUT_OF_SYNC フラグを残し、SAP HANA リソース階層のスイッチオーバーもしくはフェイルオーバーを回避します。
  • SAP HANA Recovery Kit は現在 個々のテナントデータベースを手動で停止した場合 (つまり、HDBSQL の‘alter system stop database DB_NAME’ コマンドを使用して停止すること。)は、それらを再起動することはありません。この場合、SAP HANA ソフトウェアは HDB インスタンスのプロセスのリストから一致する indexserver プロセスを削除し、 SAP HANA Recovery Kit は、テナントデータベースの手動停止を意図的なものとして扱います。
  • SAP HANA Recovery Kit は現在テナントデータベースを個別のレベルで監視していません。 SAP HANA Recovery Kit は(起動している各テナントデータベースのindexserver プロセスを含む) 全部のHDB インスタンスを全体として監視します。 HDB インスタンスのいずれかのプロセスが失敗すると、全てのインスタンスの再起動を試みます。つまり、例えば TENANT2 の indexserver プロセスが失敗するとTENANT1 の indexserver プロセスが予期せず再起動されてしまいます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信