「SAP MaxDB ユーザーマニュアル」の指示に従ってデータベースを作成してください。また、以下の推奨事項にも留意してください。

  • クライアントユーティリティーを使用して、開始、停止、状態取得、データベースパラメーターの取得を実行する権限を持つ DBM オペレーターが必要です。
  • データベースインスタンスのデータデバイス領域(data devspaces)、ログデバイス領域(log devspaces)およびシステムデバイス領域(sys devspaces)は、共有ディスク(共有ファイルシステムまたは共有 Raw デバイスのいずれか)上に存在している必要があります。
  • SAP MaxDB データベース名には英数字のみ使用できます。
  • User_Key は、DBMCLI ユーティリティーでの操作中に SAP MaxDB Recovery Kit で使用するために必要です。必要なパラメーターについては、 User_Key の作成 を参照してください。
  • データベースの作成後、SAP MaxDB データベースインスタンスの自動起動を無効にする必要があります。 一旦 SPS の保護下に入ると、SPS がデータベースの開始と停止を処理します。
  • sdb ファイルは、/etc/opt のすべてのサーバーに存在する必要があります。このファイルが存在しない場合、いくつかの SAP MaxDB ユーティリティーが誤った結果を返す可能性があります。これは、リソースの作成および拡張中の SPS の動作にも影響します。アクティブ/スタンバイ設定では、このファイルを手動でバックアップサーバーにコピーする必要があります。
  • databases.ini ファイルが IndepDataPath/config ディレクトリーのすべてのサーバーに存在することを確認してください。
  • LifeKeeper で設定した databases.ini ファイル内の各データベースエントリーをバックアップサーバにコピーしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信