DNSは、メール配信用のバックアップ(代替) ホストを指定する仕組み(MX レコード) を備えています。この仕組みによって、ホストはnullクライアントのように、メールを受信するように設定されていない別のホストのメール処理を代行することもできます。 MXレコードは、すべてのメールをハブマシンまたはメールサーバに強制的に送信する仕組みも可能にします。 MXレコードでは、あるドメイン名のメール交換者(つまり、指定されたホスト名のメールを処理、または転送するホスト)が指定されます。これは、たとえばDNSサーバに次のような項目を追加することによって行います。

この例では、サーバhimalaya.sc.steeleye.comは、このサーバのメールをrelay.steeleye.comに配信することを指定したMXレコードを持っています。 LifeKeeperで保護するサーバはMXレコードを持っていてはいけません。代わりに、Postfixリソース階層作成時に使用されるLifeKeeperが保護する仮想IPアドレスをMXレコード用として使用する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信