Postfix リソース階層のテストは、手動でサーバを切り替えて、プライマリ・サーバからバ ックアップ・サーバへのリソース・インスタンスのフェイルオーバをシミュレートすることによって行えます。

LifeKeeper GUI からの手動切り替えの実行

LifeKeeper GUI[Edit] > [Resource] > [In Service] を選択すると、手動切り替えを開始できます。たとえば、バックアップ・サーバでサービス中リクエストが実行されると、NAS リソース階層がバックアップ・サーバ側でサービス中になり、プライマリ・サーバ側ではサービス休止になります。この時点で、元のバックアップ・サーバがプライマリ・サーバになり、元のプライマリ・サーバがバックアップ・サーバになります。

[Our of Service] を実行した場合、リソース階層はサービス休止になりますが、別のサーバでサービス中にはなりません。

コマンドラインインターフェースによる手作業の切り替えの実行

LifeKeeper GUI による切り替え操作を実施する場合は、以下のコマンドをその操作を実施したいシステム上で入力します。

  • -t

起動や停止をする LifeKeeper により保護されているサービスのタグ名を指定します。タグ名はLifeKeeper GUI 画面や、lcdstatus コマンドにより確認することができます。

  • -a

実行されるリソースのアクションを指定します。起動を実施する場合 restore、停止する場合 remove とします。

perform_action コマンドの詳細については man オンラインマニュアルをご参照ください。

リカバリ動作

LifeKeeper はサービスを提供中のシステム(プライマリ・サーバ) で以下のような障害が発生した場合、リカバリ動作を実施します。

  • Postfix サービス障害 (Postfix リソース)
  • IP アドレス障害 (Postfix リソースに依存するIP リソース)
  • 共有ファイルシステム障害(Postfix リソースに依存するファイル・システムリ ソース)
  • ノード障害 (サーバのハングアップや、電源断等)

プライマリ・サーバに障害が発生すると、Postfix Mail Server Recovery Kit は次の作業を実行します。

  • バックアップサーバの物理ネットワークインタフェースに対し論理インタフェースをサービス中にすることによって、バックアップサーバでエイリアス IP(仮想 IP) アドレスをサービス中にします。
  • バックアップサーバで共有ディスク上のファイルシステムをマウントします。
  • Postfix 関連のデーモン・プロセスを開始します。

リカバリ後はセッション・コンテキストが失われるため、Postfix ユーザは最初に接続し たときと正確に同じ手順を使用して再接続する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信