LifeKeeper API for Monitoringは、稼働中のLifeKeeperに対して問い合わせを行うことで、LifeKeeperノードの稼働状況や保護しているリソースの状況を取得できます。

本APIはlighttpd上でCGIとして動作し、lcdstatusコマンドで取得できる情報を、API経由で取得できるようにしたものです。本APIで取得できる情報は以下のとおりです。

  • LifeKeeperノードの死活
  • コミュニケーションパスの死活
  • リソースの保護状況

詳細は以下のURLをご参照ください。

LifeKeeper API for Monitoring

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信