フェイルオーバが発生したときに、 LifeKeeper for Linux NAS Recovery Kit を使用してい るとどのような処理が行われるか、その例をいくつか示します。

構成 1:アクティブ/スタンバイ設定の例

この構成では、サーバ 1 が NAS Recovery Kit ソフトウェアを実行しており、NAS デバイスからファイル・システムをインポート(マウント)したため、アクティブとみなされます。サーバ 2 は別の処理を実行します。 サーバ 1 に障害が発生した場合、サーバ 2 が ファイル・システムへのアクセス権を獲得し、LifeKeeper のセカンダリ階層を使用して、 クライアントがファイル・システムへアクセスできるようにします。

設定の注意点:

  • NAS ソフトウェアを両方のサーバにインストールしておく必要があります。
  • ファイル・システムが NAS デバイスからインポートされました。
  • サーバ 1 がアクティブである間、サーバ 2 は NAS デバイス上のファイルおよびディレクトリにアクセスできません。

注記: アクティブ/スタンバイ設定では、サーバ 2 でも NAS Recovery Kit が実行されていることがありますが、他の NAS リソースは LifeKeeper によって保護されていません。

構成 2:アクティブ/アクティブ設定の例

アクティブ/アクティブ設定は、NAS Recovery Kit ソフトウェアをアクティブに実行し、 かつファイル・システムを NAS デバイスからインポートする複数のシステムで構成されます。

設定の注意点:

  • NAS ソフトウェアを両方のサーバにインストールしておく必要があります。
  • 最初に、サーバ 1 がファイル・システムをインポートし、サーバ 2 が別のファイ ル・システムをインポートします。切り替え時には、1 つのシステムで両方のファイル・システムをインポートできます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信