DataKeeper リソースを Out of Service にすると、LifeKeeper によるリソースの保護が解除されます。ミラーが解除され、ファイルシステムがアンマウントされます(該当する場合)。 md デバイスが停止し、 nbd サーバとクライアントが強制終了されます。

警告: データのミラーリングを停止して LifeKeeper の保護を解除する場合以外は、DataKeeper リソースを Out of Service にしないでください。 一時停止 の操作を使用して、ミラーリングを一時停止してください。

  1. LifeKeeper の GUI の右側ペインにある、 In Service の DataKeeper リソース を右クリックしてください。
  1. リソースのポップアップメニューの [Out of Service] をクリックしてください。
  1. 選択したリソースが Out of Service になることを示すダイアログボックスが表示されます。この操作に関連するリソースの依存関係がダイアログに表示されます。 [Next] をクリックしてください。
  1. 情報ボックスに、 Out of Service にするリソースの結果が表示されます。 [Done] をクリックしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信