この操作は、 [Edit] メニューから実行するか、 リソース階層の作成 オプションの完了時に自動的に開始できます。この場合、以下の手順2から開始する必要があります。

  1. [Edit] メニューから、 [Resource][Extend Resource Hierarchy] の順に選択します。 Pre-Extend Wizard が表示されます。拡張操作に慣れていない場合は、 [Next] をクリックします。 SPSのリソース階層拡張のデフォルト値に精通しており、入力/確認のプロンプトをスキップしたい場合は、 [Accept Defaults] をクリックしてください。
  1. 既存のSAP HANAリソースを拡張する テンプレートサーバー を選択します( 右ペインのリソースインスタンスを右クリックして Extend (タスクの拡張)を選択した場合、このダイアログボックスは表示されません )。 [Next] をクリックします。

  1. 拡張したいSAP HANAリソースの 拡張するタグ を選択します( いずれかのペインでリソースインスタンスを右クリックして Extend (タスクの拡張)を選択した場合、このダイアログボックスは表示されません )。 [Next] をクリックします。

  1. SAP HANAリソースに使用する スイッチバックタイプintelligent を選択し、 [Next] をクリックします。

インテリジェントスイッチバックとは、バックアップサーバーへのフェイルオーバー後、管理者がSAP HANAリソースをプライマリサーバーに手動で切り替える必要があることを意味します。 注意: SPSのこのリリースは、SAP HANAリソースの自動スイッチバックをサポートしていません。さらに、自動スイッチバックの制限事項は、SAP HANAリソースに依存する他のLifeKeeperリソースにも適用されます。

  1. テンプレートの優先順位 を選択または入力します。 [Next] をクリックします。

これは、現在稼働中のサーバー上のSAP HANA階層の優先順位です。1〜999の未使用の優先順位はすべて有効で、数値が小さいほど優先順位が高くなります(1 =最高)。拡張プロセスは、別のシステムですでに使用されているこの階層の優先順位を拒否します。デフォルト値の使用を推奨します。 注記: ここで選択した値は、階層の最初の拡張に対してのみ表示されます。

  1. ターゲットの優先順位 を選択または入力し、 [Next] をクリックします。

これは、新しく拡張されたSAP HANA階層の、他のサーバー上の同等の階層に対する優先順位です。1〜999の未使用の優先順位はすべて有効で、リソースのカスケードフェイルオーバーのシーケンスにおけるサーバーの優先順位を示します。SPSは、デフォルトでは階層が作成されるサーバーに優先順位1を割り当てることに注意してください。優先順位は連続している必要はありませんが、2つのサーバーが特定のリソースに対して同じ優先順位を持つことはできません。

  1. 事前拡張チェックが成功したというメッセージが表示されたら、 [Next] をクリックします。

  1. Extend Wizard により、SAP HANAリソースの ルートタグ を入力するよう求められます。これは、LifeKeeperがターゲットサーバーで作成される同等のSAP HANAリソースを識別するために使用する一意の名前です。 注記: SAP HANAリソースタグ名はすべてのクラスターサーバーで同じである必要があるため、このダイアログボックスでは編集できません。

  1. [Extend] をクリックします。 Extend Wizard で、SAP HANAリソース階層をターゲットサーバーに拡張します。問題が検出されると、情報ボックスにエラーメッセージが表示されます。

  1. 「Hierarchy successfully extended」というメッセージが表示されたら、 [Next Server] をクリックして階層を別のサーバーに拡張するか、実行する拡張操作が他にない場合は [Finish] をクリックします。
  1. 「Hierarchy Verification Finished」というメッセージが表示されたら、 [Done] をクリックします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信