LifeKeeper GUI は、LifeKeeper Core パッケージクラスタにバンドルされている steeleye-lkGUI ソフトウェアパッケージに含まれています。 steeleye-lkGUI パッケージは、以下の動作を実行します。

  • Java アーカイブフォーマットの LifeKeeper GUI クライアントをインストールする。
  • LifeKeeper GUI サーバをインストールする。
  • LifeKeeper 管理 Web サーバをインストールする。

注記: LifeKeeper 管理 Web サーバは、パブリック Web サーバとは異なるポート 81 を使用するように設定されます。

  • ディレクトリ /opt/LifeKeeper/htdoc/ に Java ポリシーファイルをインストールします。このファイルには、LifeKeeper GUI の実行に必要な最小限の権限があります。LifeKeeper GUI アプリケーションは、この場所にある java.policy ファイルを使用して、アクセスを制御します。
  • GUI 管理用に LifeKeeper を準備する。

続行する前に、LifeKeeper サーバに LifeKeeper GUI パッケージがインストール済みであることを確認する必要があります。コマンド rpm -qi steeleye-lkGUI を入力して、このパッケージがインストール済みであるかどうかを確認できます。GUI パッケージがインストール済みである場合、出力にパッケージ名 steeleye-lkGUI が表示されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信