本ページでは、2台の物理サーバーをクラスターノードとする構成を例に、使用できる適切なフェンシング機能の組み合わせをストレージ構成ごとに記載します。

 

共有ディスク構成(SCSI リザーブを用いる単一または複数パスの構成)

本構成は、サポートストレージ一覧 の表に認定済み共有ストレージとして記載されているストレージで SCSI リザーブによる排他制御機能を利用する場合が該当します。
SCSI-3 Reserve および複数パスの制御のためにマルチパスドライバを必要とするストレージを利用する場合、それぞれのマルチパスドライバに対応したマルチパスキットが必要となります。

使用できる機能と適切な組み合わせ

以下の表では、本構成で使用できるフェンシング機能と適切な組み合わせパターンを示します。

各記号の意味

⬤ – 利用必須
◯ – オプションとして利用可能
❌ – 利用不可

表中で「オプションとして利用可能」としている機能については、組み合わせの中で当該機能の利用は必須ではありません。表中で「利用不可」としている機能については、表下の注記を参照してください。

組み合わせパターン
SCSI-2 Reservations
1
1
1
SCSI-3 Reservations
1
1
1
IPMI STONITH
2
2
2
2
2
2
Quorum/Witness (tcp_remote)
3
3
3
3
Quorum/Witness (majority)
3
3
3
3
Quorum/Witness (storage)
3
3
3
3

1 LifeKeeper の仕組み上、単一の共有ディスクに対して SCSI-2 および SCSI-3 のリザーブは共存することができません。
2 競合によるサービス停止の可能性がある為、SCSI Fencing と IPMI STONITH は共存することができません。
3 LifeKeeper の仕組み上、単一のクラスターに対して Quorum Witness の各モードは共存することができません。

構成上使えない機能について

  • 仮想環境やクラウド環境向けに用意されたフェンシング機能は、本構成では使用できません。

 

共有ディスク構成(SCSIリザーブを用いない単一または複数パスの構成)

本構成は、SCSI / FC / iSCSI / SAS などの方式(NASを除く)により接続されるストレージで、SCSIリザーブによる排他制御機能を利用できない場合が該当します。
複数パスの制御のためにマルチパスドライバを必要とするストレージを利用する場合、それぞれのマルチパスドライバに対応したマルチパスキットが必要となります。

使用できる機能と適切な組み合わせ

以下の表では、本構成で使用できるフェンシング機能と適切な組み合わせパターンを示します。

各記号の意味

⬤ – 利用必須
◯ – オプションとして利用可能
❌ – 利用不可

表中で「オプションとして利用可能」としている機能については、組み合わせの中で当該機能の利用は必須ではありません。表中で「利用不可」としている機能については、表下の注記を参照してください。

組み合わせパターン
IPMI STONITH
Quorum/Witness (tcp_remote)
1
1
Quorum/Witness (majority)
1
1
Quorum/Witness (storage)
1
1

1 LifeKeeper の仕組み上、単一のクラスタに対して Quorum Witness の各モードの共存は不可

構成上使えない機能について

  • SCSI-2 Reserve および SCSI-3 Reserve は、SCSIリザーブを用いない前提の本構成では使用できません。
  • SCSI Fencing は、SCSI リザーブを用いない前提の本構成では使用できません。
  • 仮想環境やクラウド環境向けに用意されたフェンシング機能は、本構成では使用できません。

 

データレプリケーション構成

本構成は、DataKeeper を用いて各ノードに接続されたローカルストレージをノード間でレプリケーションする場合が該当します。

使用できる機能と適切な組み合わせ

以下の表では、本構成で使用できるフェンシング機能と適切な組み合わせパターンを示します。本構成において必須となるフェンシング機能はありませんが、データ保護の観点からフェンシング機能を使用されることを推奨します。

各記号の意味

⬤ – 利用必須
◯ – オプションとして利用可能
❌ – 利用不可

表中で「オプションとして利用可能」としている機能については、組み合わせの中で当該機能の利用は必須ではありません。表中で「利用不可」としている機能については、表下の注記を参照してください。

組み合わせパターン
IPMI STONITH
Quorum/Witness (tcp_remote)
1
1
Quorum/Witness (majority)
1
1
Quorum/Witness (storage)
1
1

1 LifeKeeper の仕組み上、単一のクラスターに対して Quorum Witness の各モードは共存することができません。

構成上使えない機能について

  • SCSI リザーブを用いるフェンシング機能は本構成では使用できません。
  • 仮想環境やクラウド環境向けに用意されたフェンシング機能は、本構成では使用できません。

 

Network Attached Storage (NAS) 構成

本構成は、Network File System (NFS) の方式により接続される NAS ストレージを利用する場合が該当します。

使用できる機能と適切な組み合わせ

以下の表では、本構成で使用できるフェンシング機能と適切な組み合わせパターンを示します。本構成において必須となるフェンシング機能はありませんが、データ保護の観点からフェンシング機能を使用されることを推奨します。

各記号の意味

⬤ – 利用必須
◯ – オプションとして利用可能
❌ – 利用不可

表中で「オプションとして利用可能」としている機能については、組み合わせの中で当該機能の利用は必須ではありません。表中で「利用不可」としている機能については、表下の注記を参照してください。

組み合わせパターン
IPMI STONITH
Quorum/Witness (tcp_remote)
1
1
Quorum/Witness (majority)
1
1
Quorum/Witness (storage)
1
1

1 LifeKeeper の仕組み上、単一のクラスターに対してQuorum Witness の各モードは共存することができません。

構成上使えない機能について

  • 共有ディスクの使用を前提としたフェンシング機能は、本構成では使用できません。
  • 仮想環境やクラウド環境向けに用意されたフェンシング機能は、本構成では使用できません。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信