このセクションで説明する LifeKeeper SAP リソース階層では、NFS リソース階層を SAP リソースの子依存関係として実装しますが、SAP リソース階層を作成した後、NFS リソース階層を切り離して管理することは可能です。依存関係を解除する前に、下記で説明するように、これらを独立した階層として管理することによるメリットとデメリットを考慮する必要があります。これは、切り離す NFS 共有が他の SAP ファイルシステムとは独立した論理ボリューム (LUN) 上にホストされている場合のみ可能であることに注意してください。

これらの 2 つの階層を分離して管理するには、このドキュメンテーションに従って SAP リソース階層を作成した後、LifeKeeper GUI により、SAP リソースと NFS リソース間の依存関係を手動で解除します。

SAP リソース階層と NFS リソース階層を分離して管理することのメリット: NFS で問題が発生した場合、SAP とは独立して NFS リソース階層をフェイルオーバできます。この場合、SAP が NFS マウントされたディレクトリの一時的な欠落を透過的に処理する限り、SAP フェイルオーバは起こりません。NFS 共有が利用できない場合に LifeKeeper がハングするのを避けるためには、NFS マウントが /etc/mtab にあり、/etc/default/LifeKeeper のチューニング可能な値 SAP_NFS_CHECK_DIRS にリストされている必要があります。

SAP リソース階層と NFS リソース階層を分離して管理することのデメリット: NFS 共有において、PAS、ASCS、SCS、または ERS インスタンスが実行されているのと同じサーバーでホストすることは保証されていません。 注記: SAP の推奨事項については、 SAP Installation Guide を参照してください。

以下の図は、依存関係を解除した後の SAP リソース階層と NFS リソース階層を示しています。 

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信