Oracle Recovery Kit ドキュメンテーション

SIOS Protection Suite for Linux Oracle® Recovery Kit は、 SPS 環境で Oracle ソフトウェアの障害回復能力を高めます。Recovery Kit ソフトウェアは、Oracle データベースのデータ整合性と LifeKeeper SIOS Protection Suite によって実現される可用性の向上を結び付けるメカニズムを提供します。

ドキュメントの内容

このガイドでは次の事項について説明します。

SPS for Linux テクニカルドキュメンテーション (LifeKeeper GUI 内の [Help] メニューからも参照できます)。 SPS for Linux のすべてのドキュメントおよび情報が提供されている場所のリスト。

要件 。リカバリソフトウェアをインストールおよびセットアップするには、サーバが一定のハードウェア/ソフトウェア要件を満たしている必要があります。LifeKeeper Oracle Recovery Kit のインストールまたは削除の詳しい手順については、SIOS Protection Suite Installation Guide を参照してください。

Recovery Kit の設定 。 必要とする保護と柔軟性が得られるように SPS を設定するには、設定ルールを把握している必要があります。設定を適切にプランニングするには、ネットワーク設定、インターフェースの選択、ユーザシステムのセットアップ、階層オプション、Oracle 設定作業についての理解が必要です。この「要件」セクションでは、設定のプランニングだけでなく、設定の例を示し、Recovery Kit を設定するために必要な特定のタスクについて説明します。

トラブルシューティング このセクションでは、情報メッセージとエラーメッセージ、および推奨される対処方法の一覧を示します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信