SIOS DataKeeper for Linux は、共有ストレージを使用せずに可用性の高いクラスタ(SIOS LifeKeeper を使用)を構築したいお客様や、ビジネスに不可欠なデータをサーバ間でリアルタイムに複製したいお客様に別の方法を提供します。 

SIOS DataKeeper は、同期または非同期のボリュームレベルのミラーリングを使用して、プライマリサーバ(ミラーソース)から 1 台以上のバックアップサーバ(ミラーターゲット)にデータを複製します。  

DataKeeper の特長

SIOS DataKeeper には、以下の特長があります。

    • TCP/IP ベースのローカルエリアネットワーク(LAN)またはワイドエリアネットワーク(WAN)経由で、リモートの場所に高い信頼性、効率、整合性でデータをミラーリングできます。
    • 同期と非同期のミラーリングをサポートします。
    • 複製はファイルシステムの下のブロックレベルで実行されるので、関与するアプリケーションに対して透過的です。
    • LifeKeeper と共に使用した場合、複数ターゲットへのカスケーディングフェイルオーバも含めて、複数ターゲットへの同時ミラーリングをサポートします。
    • 内蔵のネットワーク圧縮ににより、ワイドエリアネットワークでの最大スループットが向上します。
    • 主要なファイルシステムをすべてサポートします(ファイルシステムのジャーナリングサポートの詳細については、 SPS for Linux リリースノート の製品説明を参照してください)。
    • ミラーリングしたデータにフェイルオーバの保護を提供します。
    • LifeKeeper のグラフィカルユーザインターフェースに統合されています。
    • 他の LifeKeeper Application Recovery Kit をフルにサポートします。
    • システムリカバリ時に、プライマリサーバとバックアップサーバとの間でデータを自動的に再同期します。
    • 障害発生時には、仮想のシステムコンポーネントの健全性を監視し、ローカルリカバリを実行します。
    • I/O フェンス用の STONITH デバイスをサポートします。詳細については、STONITH のトピックを参照してください。 

同期ミラーリングと非同期ミラーリングの違い

同期ミラーリングと非同期ミラーリングの違いを理解すると、アプリケーション環境に適切なミラーリング方法を選択することができます。

同期ミラーリング

SIOS DataKeeper は、プライマリサーバとバックアップサーバに同時にデータを書き込む同期ミラーリング方法を使用して、リアルタイムミラーを実現します。書き込み動作のたびに、DataKeeper は書き込みをターゲットデバイスに転送し、リモート確認を受信してから I/O 完了を通知します。同期ミラーリングの長所は、データの保護レベルが高いことです。これは、常にデータのすべてのコピーを確実に同一にしているからです。ただし、リモート確認を待つために、パフォーマンスが低下することがあり、これは特に WAN 環境で発生します。

非同期ミラーリング

非同期ミラーリングでは、それぞれの書き込みがソースデバイスに対して行われ、次に、コピーがターゲットデバイスに送信されるキューに入れられます。これはつまり、任意の時点で、ソースからターゲットデバイスへの送信を待っている多数の書き込みトランザクションが存在する可能性があります。非同期ミラーリングの長所は、書き込みがプライマリディスクに到達した時点で確認されるため、パフォーマンスが高いことです。ただし、プライマリディスクに障害が発生した場合、非同期書き込みキュー内にある書き込みはターゲットに送信されないため、信頼性が低くなります。この問題を緩和するために、SIOS DataKeeper はプライマリディスクに対する個々の書き込みについてインテントログファイルにエントリを作成します。また、多量の書き込みが継続的に行われた場合、キューに書き込まれたデータの送出を優先するため一時的にI/Oパフォーマンスが低下する場合があります。

インテントログとは、プライマリとターゲットのミラー間で同期していないデータブロックを示すビットマップです。サーバの障害発生時にインテントログを使用すると、データ全体の再同期を回避できます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信