ルートテーブルを下記のように設定してください。

  • クラスターノードを配置した VPC もしくはサブネットのルートテーブルに、オンプレミス環境のネットワークへの経路情報を追加してください。
送信先
ターゲット
オンプレミス環境のネットワークアドレス 作成した Transit Gateway
  • Transit Gateway のルートテーブルに、仮想 IP アドレスへの経路情報を追加してください。
送信先
ターゲット
仮想 IP アドレス クラスターノードを配置した VPC
  • オンプレミス環境のクライアントやルーターの経路情報を適切に設定し、クラスターノードを配置した VPC のネットワークアドレスや仮想 IP アドレス宛のパケットの送信先が Direct Connect となるようにしてください。

設定が完了したら、クライアントからクラスタサーバーのプライベートアドレスや仮想 IP アドレスにアクセスできることを確認してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信