SPS for Linux Postfix Recovery Kit をインストールする前に、SPS の構成が次の要件を満たしている必要があります。SPS for Linux ハードウェアおよびソフトウェアの設定に関する具体的な手順については、SIOS Protection Suite インストールガイド を参照してください。

ハードウェア要件

  • データストレージ 。 Postfix Recovery Kit は共有ストレージ、LifeKeeper DataReplication が提供するデータレプリケーションストレージのどちらもデータストレージとして使用する事ができます。

ソフトウェア要件

  • TCP/IP ソフトウェア 。LifeKeeper 環境の各サーバには TCP/IP ソフトウェアが必須です。
  • LifeKeeper ソフトウェア 。クラスタの各サーバにインストールした LifeKeeper for Linux ソフトウェアのバージョン、および適用した LifeKeeper for Linux ソフトウェア・パッチのバージョンが同一であることが絶対条件です。
  • LifeKeeper for Linux IP Recovery Kit 。同じバージョンのRecovery Kit を各サーバにインストールする必要があります。
  • IP ネットワークインタフェース 。 各サーバには、イーサーネットTCP/IP をサポート するネットワークインタフェースが1 つ以上必要です。IP 切り替えが正しく機能するためには、ローカルネットワークに接続したユーザシステムが標準TCP/IP 仕様に準拠している必要があります。

注記: 各サーバに必要なネットワークインタフェースが1 つだけであっても、異種メディア要件、スループット要件、シングルポイントオブフェイラの排除、ネットワークのセグメンテーションといった多くの理由で、複数のインタフェースを使用すべきです。

  • Postfix ソフトウェア 。 各サーバには、LifeKeeper とPostfix Recovery Kit を設定する前に、PostfixソフトウェアのLinuxディストリビューション版をインストールして設定しておく必要があります。各サーバには同じバージョンをインストールする必要があります。最新リリースの互換性および発注情報については、SPS for Linux リリースノート を参照するか販売代理店にお問い合わせください。

LifeKeeper for Linux ソフトウェアの具体的なインストール / アンインストール方法については、SPS for Linux インストールガイド を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信