ソフトウェアをインストールする前に、すべてのサーバ上で日付と時刻が同期していることを確認してください。これは、LifeKeeper と SAP の両方にとって重要です。

コアサービス、ABAP セントラルサービス (ASCS) および Java セントラルサービス (SCS) は、単一障害点 (SPOF) であり、LifeKeeper で保護する必要があります。適切な SAP インストールガイドを使用して、コアサービスを SAP プライマリサーバ上にインストールしてください。 

インストール上の注記

  • 設定の計画 トピックで作成した必要な仮想ホスト名を使用するには、SAPinst 開始前に SAPinst プロパティの SAPINST_USE_HOSTNAME を設定し、必要な仮想ホスト名を指定します。( 注記 :SAPINST_USE_HOSTNAME 仮想 IP アドレスは、後で LifeKeeper で SAP リソースを作成するときに使用するため、記録しておいてください。)

次のコマンドを実行:  ./sapinst SAPINST_USE_HOSTNAME={hostname}

  • 7 つの段階で、 コアサービス を作成して、起動する必要があります。jdbcconnect.jar でパーミッションエラーが発生する場合、 /sapmnt/STC/exe/uc/linuxx86_64 に移動し、ディレクトリとファイル jdbcconnect.jar を書き込み可能にしてください (chmod 777 ---)。
  • 正常完了のメッセージが表示され、インストールが完了します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信