アプリケーション内の問題を検出して通知する機能は、最適な総合的耐障害性ソリューションを構築する上で非常に重要です。すべての個々のアプリケーションは、障害発生のメカニズムと形式によって異なるため、一般的なメカニズムを示すことはできません。ただし、一般的に、多くのアプリケーションの設定は、LifeKeeper に用意されている Core システムのエラー検出機能を利用することができます。リソースエラー回復シナリオ およびサーバ障害回復シナリオ の各トピックでは、共通する 2 つの障害状況を使用して、LifeKeeper のコア機能を示しています。

LifeKeeper には、エラー、アラーム、およびリカバリ手順を起動するイベントを定義するための完全な環境も用意されています。このインターフェースは、通常、システムエラーログ用のパターンマッチ定義 (/var/log/messages)、またはカスタムビルドのアプリケーション固有の監視プロセスが必要になります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信