Recovery Kit for Route 53 をインストールして設定する前に、使用している設定が以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • Amazon Route 53 サービスのエンドポイント route53.amazonaws.com にプロトコル HTTPS を使用してアクセスできる必要があります。EC2 および OS の設定を適切に行ってください。
  • Amazon Route 53 に適切なドメイン名を登録してください。
  • LifeKeeperがAWSを操作するために、以下のアクセス権限を持ったIAM ユーザーもしくはIAM ロールが必要です。Amazon EC2 インスタンスの root ユーザーからアクセスできるようにEC2の IAM ロール を設定するか、AWS CLI の設定 を適切に行ってください。
    • route53:GetChange
    • route53:ListHostedZones
    • route53:ChangeResourceRecordSets
    • route53:ListResourceRecordSets

注記: 設定ファイル /etc/default/LifeKeeper のパラメーター PATHAWS CLI 実行ファイルのパスが設定されていない場合、PATH に AWS CLI 実行ファイルのパスを追加してください。

LifeKeeper ソフトウェア:

各サーバに同じバージョンの LifeKeeper ソフトウェアとパッチをインストールする必要があります。具体的な LifeKeeper の要件については、SPS for Linux テクニカルドキュメンテーション およびSPS for Linux リリースノート を参照してください。

Recovery Kit for Route 53 を使う場合には、Quorum/Witnessの使用を推奨します。
詳細については、こちら を参照してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信