WebSphere MQ Recovery Kit は、次の機能を提供します。

  • マルチインスタンスのキューマネージャ (MQ ソフトウェアの複数のバージョンで作成されたキューマネージャ) のサポート
  • アクティブ / アクティブ設定のサポート
  • LINEAR および CIRCULAR ログ (自動検出) のサポート
  • サーバ接続およびクライアント接続によるエンドツーエンドアプリケーション健全性チェックのサポート
  • オプションの PUT/GET テスト (テストキューを GUI とコマンドラインで定義可能) のサポート
  • カスタマイズ可能なログレベルのサポート
  • LifeKeeper でサポートされるすべてのストレージタイプをサポート
  • オプションのリスナー保護のサポート (デフォルトで有効)
  • 追加の syslog メッセージログ (ログ機能 local7) のサポート
  • 複数レベルのコマンドサーバ保護 (デフォルトは「full」レベル)

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信