LifeKeeper Single Server Protection vSphere Client プラグインは、自己署名証明書を使用して SSL 通信を有効にします。プラグインのコンテンツを表示するときに、セキュリティ警告を受信するのは正常な動作です。セキュリティ警告を低減するには、vSphere Client システムの証明書ストアに「LK4Linux Valid SMC」証明書をインストールする必要があります。さらに、お使いのシステムの「Trusted Root Certification Authorities」証明書ストアに「SIOS Technology, Corp.」認証局 (CA) の証明書をインストールできます。

「LK4Linux Valid SMC」証明書をインストールするには、

  1. セキュリティ警告が表示されたら、 [View Certificate] を選択します。
  1. [Install Certificate] ボタンをクリックします。
  1. ウィザードの手順に従って、証明書をインストールします。

「Trusted Root Certification Authorities」証明書ストアに「SIOS Technology, Corp.」認証局 (CA) の証明書をインストールするには、

  1. セキュリティ警告が表示されたら、 [View Certificate] を選択します。
  1. [Certification Path] タブをクリックします。
  1. SIOS Technology, Corp. の証明書を選択します。
  1. CA の証明書を表示するには、 [View Certificate] をクリックします。
  1. [Install Certificate] ボタンをクリックします。
  1. [Next] をクリックします。
  1. [Certificate Store Wizard] ペインの [Place all certificates in the following store] ラジオボタンを選択します。
  1. [Browse] ボタンが有効になります。そのボタンをクリックします。
  1. [Select Certificate Store] リストから、 [Trusted Root Certification Authorities] を選択します。
  1. [OK] をクリックします。
  1. [Next] をクリックして、ウィザードを完了します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信