このオプションは、関連付けられたリカバリキットがないユーザ定義のアプリケーションを保護する場合に使用します。下記のユーザ指定スクリプトに対するテンプレートは、$LKROOT/lkadm/subsys/gen/app/templates に用意されています。これらのテンプレートは、保護するアプリケーション用にカスタマイズしてテストする前に、別のディレクトリにコピーしてください。

  1. Generic Application リソース階層の作成を開始するには、次の 4 つの方法があります。
  1. [Create Resource Wizard] というタイトルのダイアログが表示され、 [Recovery Kit] リストが示されます。Generic Application を選択して、 [Next] をクリックしてください。
  1. [Switchback Type] を選択して、 [Next] をクリックしてください。
  1. [Server] を選択して、 [Next] をクリックしてください。 注記: サーバコンテキストメニューから開始した場合、クリックしたサーバアイコンから自動的にサーバが決定されるので、この手順はスキップされます。
  1. 次のダイアログで、アプリケーションに対する [Restore Script] へのパスを入力し、 [Next] をクリックしてください。これは、アプリケーションを起動するコマンドです。テンプレートディレクトリに、テンプレート起動スクリプト restore.template が用意されています。この restore スクリプトが、既に起動されているアプリケーションに影響を与えてはなりません。
  1. アプリケーションに対する [Remove Script] へのパスを入力し、 [Next] をクリックしてください。これは、アプリケーションを停止するコマンドです。テンプレートディレクトリに、テンプレート停止スクリプト remove.template が用意されています。
  1. アプリケーションに対する [quickCheck Script] へのパスを入力し、 [Next] をクリックしてください。これは、アプリケーションを監視するコマンドです。テンプレートディレクトリに、テンプレート監視スクリプト quickCheck.template が用意されています。
  1. アプリケーションに対する [Local Recovery Script] へのパスを入力し、 [Next] をクリックしてください。これは、ローカルサーバ上の障害が発生したアプリケーションの復元を試みるコマンドです。テンプレートディレクトリに、テンプレート回復スクリプト recover.template が用意されています。
  1. [Application Information] を入力し、 [Next] をクリックしてください。これは、起動、停止、回復、監視の各スクリプトで必要になる可能性のあるアプリケーションに関するオプションの情報です。
  1. [Bring Resource In Service] に対して [Yes] または [No] を選択し、 [Next] をクリックしてください。[No] を選択すると、リソース状態が作成後に OSU に設定されます。[Yes] を選択すると、あらかじめ用意された restore スクリプトが実行されます。 ファイルシステム、ディスクパーティション、IP アドレスなどの他のリソースに依存するアプリケーションについては、適切な依存リソースをまだ作成していない場合には、[No] を選択してください。
  1. [Root Tag] を入力してください。これは、リソースインスタンスに対する一意の名前です。(これは、ステータス表示でこのリソースに対して表示されるラベルです。)
  1. [Create Instance] をクリックして、作成プロセスを起動してください。インスタンス作成のステータスを示すメッセージが、ウィンドウに表示されます。
  1. [Next] をクリックしてください。階層が正常に作成されたというメッセージが、ウィンドウに表示されます。
  1. この時点で、Generic Application リソース階層の拡張 に移動するには [Continue] をクリックし、GUI に戻るには [Cancel] をクリックします。[Cancel] をクリックすると、階層が 1 つのサーバにしか存在しないという警告が表示され、この時点で保護されなくなります。

注記: リソース階層作成時に指定したrestore、remove、quickCheckなどの各種スクリプトは、 LKROOT/subsys/gen/resource/app/以下の各ディレクトリに配置されています。

  • restore - actions/!restore/< タグ名 >
  • remove - actions/!remove/< タグ名 >
  • quickCheck - actions/!quickCheck/< タグ名 >
  • recover - recovery/!recover/< タグ名 >

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信