以下の表は、SAP MaxDB リカバリーキットのパラメーターの名前と意味を説明しています。これらの値は、 /etc/default/LifeKeeper 設定ファイルを編集することにより設定可能です。

パラメーター名 パラメーターの意味 設定値 デフォルト値 パラメーター適用タイミング 備考
MAXDB_START_TIMEOUT ハングしているIn Serviceのアクションを中止するまで待機する秒数 整数 300 適宜 (すぐに反映されます)
MAXDB_PID_CLEANUP ハングしたIn Serviceのアクションの子プロセスをクリーンアップ(強制終了)するかどうかを指定します y:クリーンアップする
n:クリーンアップしない
n 適宜 (すぐに反映されます)
MAXDB_STOP_COUNT LifeKeeperがデータベースのオフラインを試行する回数 整数 5 適宜 (すぐに反映されます)
MAXDB_WAIT データベースのオフライン試行間の待機秒数 整数 5 適宜 (すぐに反映されます)
MAXDB_DEBUG デバッグロギングを有効または無効にします 0: 無効化
1: 有効化
0 適宜 (すぐに反映されます)
MAXDB_OFFLINE_ENABLED LifeKeeper MaxDBリソースをOut of Serviceにしたときにデータベースをオフラインにするかどうかを指定します 0: オフラインにしない
1: オフラインにする
1 データベースを停止せずにLifeKeeperを一時的に停止する必要がある場合(例:アップグレードやメンテナンスの実施など)に、注意して使用してください メンテナンスが完了したら、データベースをオフラインに戻してください

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信