Route53 リソースは作成時に登録した DNS A レコードの取得と仮想IPアドレスとの関連づけの正常性を監視しています。リソースの監視内容として、以下のような処理を行っています。

  1. Route 53 の A レコードで設定されているアドレスを API で取得します。取得に失敗した場合は、デフォルトで 2 秒の間隔を置いてから、情報の再取得を行います。
    3回取得を試行して取得できなかった場合、ログに記録を残し監視処理を終了します。
  1. Route53リソースと依存関係がある IP リソースから IP アドレスを取得して、 Route53 の A レコードで設定されているアドレスと IP リソースの IP アドレスを比較します。
    一致した場合、正常であると判断して処理を正常終了します。一致しなかった場合、異常であると判断しリカバリを開始します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信