プライマリサーバからリソースインスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. LifeKeeper GUI メニューから [Edit] を選択し、次に [Server] を選択してください。メニューから、[Create Resource Hierarchy] を選択してください。

リソースを作成するときは、Apache Web Server が停止している必要があります。ただし、システム設定ファイルにリスン変数を設定している場合は、デフォルトのデーモンの動作を許可できます。

[Create Resource Wizard] ダイアログボックスが表示され、クラスタ内にインストールされて認識済みの Recovery Kit がすべて、ドロップダウンリストボックスに表示されます。

  1. [Apache Web Server] を選択し、 [Next] をクリックしてください。
  1. 以下の情報を入力するようにプロンプトが表示されます。ダイアログボックスで [Back] ボタンが有効な場合は、前のダイアログボックスに戻ることができます。これは、エラーが発生して、前に入力した情報を修正する必要がある場合に便利な機能です。いつでも [Cancel] をクリックして、作成処理全体を取り消すことができます。
フィールド
ヒント
Switchback Type [intelligent] または [automatic] を選択してください。この設定は、バックアップサーバへのフェイルオーバー後にサーバが復帰したときに、このサーバに Apache インスタンスをスイッチバックする方法を指定します。スイッチバックタイプは、必要な場合、[Resource Properties] ダイアログボックスの [General] タブで後から変更できます。
Server Apache Web Server を配置するサーバ (通常これをプライマリサーバまたはテンプレートサーバと呼ぶ) を選択してください。クラスタ内のすべてのサーバがドロップダウンリストボックスに表示されます。
Web Server Binary Location httpd Apache Web Server デーモンのフルパス名 (ファイル名を含む) を選択するか、入力してください。デフォルトは、/usr/sbin/httpd です。
Web Server Root Directory Web Server のルートディレクトリのフルパスを指定する必要があります。相対パスやシンボリックリンクを使用することはできません。Apache Web Server の設定ファイルは、サーバルートの conf/httpd.conf にあります。

注記: この時点で、保護される IP リソースが利用可能かどうかが LifeKeeper によってチェックされます。また、Apache Web Server リソース階層の作成に使用する入力データが妥当かどうかもチェックされます。この 2 つのチェックのどちらかで問題が検出された場合、[ERROR] ボックスが表示されます。Web Server のルートディレクトリのパスは妥当であるが、Apache の設定自体にエラーがある場合は、そのエラーを修正してから、階層の作成を続けることができます。ここで必要な LifeKeeper IP リソースを作成することもできます。
Root Tag Web Server 階層に付けるタグ名を選択するか、入力してください。デフォルトの apache<root directory>を選択するか、独自のタグ名を入力することができます。
  1. [Create] をクリックしてください。[Create Resource Wizard] によって、Apache リソース階層が作成されます。LifeKeeper によって入力データが検査されます。問題が検出された場合、情報ボックスにエラーメッセージが表示されます。
  1. 情報ボックスが表示され、Apache リソース階層が正常に作成されたこと、およびフェイルオーバによる保護を実現するにはその階層をクラスタ内の別のサーバに拡張する必要があることが示されます。[Next] をクリックしてください。

注記: 新しい Apache インスタンスの起動に失敗したというエラーメッセージが表示されることがあります。新しい Apache 階層を別のシステムに拡張するには、起動する(In Service にする) 必要があることに注意してください。この時点で、表示されたエラーメッセージに基づいて問題を修正し、新しい階層を In Service にしてから、階層の拡張を続行できます。

  1. [Continue] をクリックしてください。[Pre-ExtendWizard] が起動されます。リソース階層を別のサーバに拡張する方法の詳細については、「Apache リソース階層の拡張」(後述) の手順 2 を参照してください。

[Cancel] をクリックすると、別のダイアログボックスが表示され、Apache リソース階層を LifeKeeper の保護下に置くには、いずれかの時点でここに戻って Apache リソース階層を別のサーバに拡張する必要があることが警告されます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信