同じパラメーターと設定を使用して、クラスター内のすべてのサーバーに SAP MaxDB ソフトウェアをインストールします。詳細については、「SAP MaxDBインストールガイド」を参照してください。SAP MaxDB が SPS で確実に動作するようにするための推奨事項を以下に示します。

  • root 以外 のシステムユーザー(OS ユーザー)は、次のようにすべてのサーバーに存在する必要があります。
  • この OS ユーザーは、SAP MaxDB ソフトウェアのインストールとサブディレクトリの所有者として指定されているか、データベースインスタンスの管理に必要なソフトウェアのインストールパスとサブディレクトリに対して適切な権限を持っている必要があります。
  • この OS ユーザーには、DBMCLI および x_server ユーティリティを使用する権限が必要です。また OS ユーザーは、x_server コマンドを使用して vserver の起動および停止を実行できる必要があります。
  • OS ユーザー名に使用できるのは英数字のみです。
  • この OS ユーザーのユーザー ID とグループ ID は、すべてのサーバーで同一でなければなりません。
  • SAP MaxDB クライアントソフトウェアパッケージをインストールする必要があります。またこれらのパッケージには、SAP MaxDB DBMCLI クライアントユーティリティと SAP MaxDB x_server ユーティリティが含まれている必要があります。
  • SAP MaxDB のリソース階層を含む各 SPS サーバーは、SAP MaxDB インスタンスの /etc/services ファイルに同じサービスエントリを持つ必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信