LifeKeeper の bin コマンドのグループ化と基本的な説明

コマンドは、以下のディレクトリにあります。 /opt/LifeKeeper/bin

これを独自のパスに入れるには、以下のコマンドを実行します。

‘./etc/default/LifeKeeper’

LifeKeeper、GUI などの開始 / 停止

lkstart : LifeKeeper Core を起動します。

オプション:

なし

lkstop : LifeKeeper Coreを停止します。オプションにより停止時の動作が変わります。

オプション:

なし – LifeKeeper Core及び保護対象サービスを停止します。 シャットダウンステラトジーで"Switch Over Resources"に設定されている場合は待機系にスイッチオーバーされます。

-r – システム起動時の自動起動を有効のままにします。

-n – LifeKeeper Core及び保護対象サービスを停止します。シャットダウンステラトジーの設定に関わらず待機系へのスイッチオーバーは行われません。

-f – LifeKeeper Coreのみ停止します。保護対象のサービスは停止しません。

-i – LifeKeeper Coreのみ停止します。保護対象のリソースは停止しません。続行するため (yes/no) の確認を行ってください。

lkGUIserver : LifeKeeper GUI デーモンプロセスを開始 / 停止します。

オプション:

start

stop

restart

lkGUIapp : LifeKeeper Java アプリケーションを開始します。

オプション:

なし
 

LK とその他の LifeKeeper のコマンドの監視

lcdstatus : LifeKeeper のリソース、コミュニケーションパスなどの状態を表示します。

オプション:

-d – <node to run command on>

-q : 短いレポート

lcdsync : メモリにある LifeKeeper の設定情報をディスクに書き込みます。

オプション:

-d – <other node to run it on>

lcdrcp : コミュニケーションパス経由で、ある LifeKeeper ノードからファイルを別の LifeKeeper ノードに転送します。

オプション:

lcdrcp <file names> {dest:ofile | dest:odir}

lcdremexec : 指定の LifeKeeper ノードで、指定のコマンドを実行します。

オプション:

-d <node to run command on> <command>

lcdrecover : リソース階層インスタンス状態の確認と設定を行います。

オプション:

ドキュメンテーションを参照してください。

階層を in service または out of service にする

perform_action: 指定リソースで指定動作を実行します。

指定の階層から別のノードへの切り替えに使用できます。

オプション:

-a <action name>

-t <tag name>

:

perform_action -a restore -t $LKTag : 階層を in service にします。

perform_action -a remove -t $LKTag: 階層を out of service にします。

LifeKeeperのコンフィグレーションをチェックする

lkchkconf : /etc/default/LifeKeeperに設定された値について、以下の内容をチェックします。

  • LifeKeeperの起動時に読み込む設定が実際に反映されているか。 反映されていない場合には、その旨を通知するエラーメッセージを出力します。
  • LifeKeeperの監視実行の間隔と、リソースの監視処理のタイムアウト値の設定値に矛盾がないか。 リソースの監視処理のタイムアウト値に、LifeKeeperの監視実行間隔(LKCHECKINTERVALの設定値)より大きい値が設定されている場合はその旨を通知するエラーメッセージが出力されます。

オプション:

なし

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信