階層は、作成後に、クラスタ内の別のサーバに拡張する必要があります。リソース・インスタンスを拡張するには、次の 3 つの方法が可能です。

  1. DB2 リソース階層の作成に成功したときに、 [続行] を選択して、バックアップ・サーバにリソース階層を拡張する処理に進むことができます。
  1. LifeKeeper GUI の左ペインまたは右ペインで拡張されていない階層を右クリックします。
  1. LifeKeeper GUI で、ドロップダウン・メニューから [編集] > [リソース] > [リソース階 層の拡張] を選択します。選択すると、 [リソース階層の拡張] ウィザードが起動されま す。 [リソース階層の拡張] オプションの [デフォルトを受け入れる] ボタンは、 LifeKeeperの [リソース階層の拡張] の既定値をよく知っていて、値の入力や確認をしないで素早く LifeKeeper リソース階層を拡張したいユーザ向けです。GUI ダイアログを使用して対話的に段階を追って LifeKeeper リソース階層を拡張する場合は、 [次へ] ボタンを選択します。

a. 最初に表示されるダイアログ・ボックスでは、DB2 リソース階層が現在サービス中であるテンプレート・サーバを選択します。 [テンプレート・サーバ] で選択す るテンプレート・サーバと、次のダイアログ・ボックスの [拡張するタグ] で選択する拡張するタグが、サービス中(アクティブ)のリソース階層を表すことを忘れないでください。選択したテンプレート・サーバでサービス中になっていない リソース・タグを選択すると、エラー・メッセージが表示されます。このダイアログのドロップダウン・ボックスには、クラスタ内の全サーバの名前が示されます。

注記: DB2 リソース階層作成後、引き続きリソース階層の拡張作業に入った場合は、作成段階でテンプレート・サーバが特定されているため、このダイアログ・ボックスは表示されません。これは、GUI ウィンドウの左ペインの DB2 リソース・アイコンまたは右ペインの DB2 リソース・ボックスを右クリックして、 [リソース階層の拡張] を選択した場合も同様です。

注記: 階層拡張の途中で [キャンセル] ボタンをクリックすると、拡張処理が取り消されます。ただし、すでにリソースを別のサーバに拡張している場合は、明示的に拡張解除するまで、そのインスタンスの拡張は有効です。

[次へ] をクリックして次に進みます。

b. [拡張するタグ] を選択します。これは、テンプレート・サーバからターゲット・サーバに拡張する DB2インスタンスの名前です。ウィザードのドロップダウン・リスト・ボックスには、テンプレート・サーバ上に作成されているすべてのリソースが表示されます。

注記: ここでも、DB2 リソース階層の作成後すぐにリソース階層の拡張作業に進んだ場合は、作成段階ですでにリソースのタグ名が特定されているため、このダイアログ・ボックスは表示されません。これは、GUI ウィンドウの左ペインの DB2 リソース・アイコンまたは右ペインの DB2 リソース・ボックスを右クリックし て、[リソース階層の拡張]を選択した場合も同様です。

[次へ] をクリックして次に進みます。

c. DB2 リソース階層を拡張するターゲット・サーバを選択します。

[次へ] をクリックして次に進みます。

d. [スイッチバック・タイプ] ダイアログが表示されます。スイッチバック・タイプによって、フェイルオーバ後、バックアップ・サーバで DB2 リソースがサービス中(アクティブ)になったとき、DB2 リソースをプライマリ・サーバにスイッ チバックする方法が決まります。スイッチバック・タイプは intelligent または automatic です。インテリジェント・スイッチバックの場合、リソースをプライマリ・サーバに戻すために管理者の操作が必要ですが、自動スイッチバックの場合 は、プライマリ・サーバがオンラインに戻り、LifeKeeper との通信パスが再確立されるとすぐにスイッチバックが実行されます。

[次へ] をクリックして次に進みます。

e. テンプレートの優先順位を選択または入力します。これはサーバで現在サービス中の DB2 階層の優先順位です。優先順位は、1~999 の範囲で未使用の値が有効で、小さい数字ほど優先順位が高くなります(数字 1 が最高の優先順位に相当し ます)。拡張操作時には、別のシステムで既に使用中の優先順位をこの階層に対 して指定することはできません。デフォルト値を推奨します。

注記: このフィール ドは階層を最初に拡張するときだけ表示されます。

[次へ] をクリックして次に進みます。

f. ターゲットの優先順位を選択または入力します。これは、別サーバにある同等の階層に対する新しく拡張する DB2 階層の優先順位です。1~999 の範囲の未使用の値が有効で、リソースの連鎖フェイルオーバ・シーケンスにおけるサーバの優先順位を示します。数値が小さいほど優先順位は高くなります(1 は最高の優先 順位を表わします)。LifeKeeper のデフォルトでは、階層が作成されたサーバに「1」が割り当てられることに注意してください。優先順位は連続している必要はありませんが、特定のリソースについて 2 つのサーバに同じ優先順位を割り当てることはできません。

[次へ] をクリックして次に進みます。

g. 環境がチェックされ、このリソースを拡張するのに必要な要件がすべて満たされていることを示す情報ボックスが表示されます。満たされていない要件がある場合、 [次へ] ボタンが使用できなくなり、 [戻る] ボタンが有効になります。

リソースの拡張の設定を変更する場合は、 [戻る] ボタンをクリックします。 後でリソースを拡張する場合は、 [キャンセル] をクリックします。リソース階層の拡張を実行する場合は、 [次へ] をクリックします。

[終了] をクリックして、DB2 リソース・インスタンスの拡張に成功したことを確認します。

  1. [完了] をクリックして、 [リソース階層の拡張] メニューを終了します。

注記: 必ず両方のサーバで新しいインスタンスの機能をテストしてください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信