設定上の考慮事項 トピックで前述したように、SAP プライマリまたはバックアップサーバのいずれかにおいてファイルシステムが NFS 共有をローカルにマウントするよう設定されている場合、NFS 階層を Out of Service にするとシステムがハングし、再起動を正常に行えません。不注意で NFS サーバを停止してクラスタをハングさせないよう、次のようにすることを推奨します。

  • 保護された NFS 共有に対するローカル NFS マウントポイントを含むサーバ上で、NFS リソース階層を Out of Service 状態にしないでください。NFS 子リソースが In Service である限り、SAP リソースは自由に In Service と Out of Service を切り替えることができます。また、サーバをシャットダウンする前に、NFS 階層を別のサーバで In Service にすることができます。
  • ローカルでマウントされた NFS 共有を保護している NFS リソース階層が In Service であるサーバ上の LifeKeeper を停止する必要がある場合、必ず、 –f オプションを使用してください。LifeKeeper をコマンド lkstop –f を使用して停止すると、LifeKeeper は階層を Out of Service 状態にすることなく停止することができ、ローカル NFS マウントによるサーバハングを防ぐことができます。詳細については、 lkstop マニュアルページ を参照してください。
  • ローカルでマウントされた NFS 共有を保護している NFS リソース階層が In Service であるサーバを再起動する必要がある場合、先に LifeKeeper を、上述の –f オプションを使用して停止してください。-f オプションを使用して停止せずにサーバを再起動すると、システムにより LifeKeeper が –f オプションなしで停止されるため、NFS リソース階層が Out of Service 状態になり、システムがハングします。
  • SAP パッケージをアンインストールする必要がある場合、サーバ上で In Service であり保護された (ISP: In-Service Protected) NFS リソースを含む SAP リソース階層がある場合はアンインストールしてはなりません。SAP リソース階層を削除してから、パッケージをアンインストールしてください。
  • SPS をアップグレードする場合、もしくは SPS インストール設定スクリプトを実行する必要がある場合、SPS for Linux インストールガイド に記載されているアップグレード手順に従うことを推奨します。には、 SPS インストールイメージファイル上の設定スクリプトを実行したり、 SPS パッケージをアップデートしたりする前に、アップグレード対象のサーバからすべてのアプリケーションを退避させることについて記載されています。特に、LifeKeeper インストールイメージファイル上の設定スクリプトは、LifeKeeper がアクティブな NFS 共有を保護しているサーバ上で実行してはなりません。なぜなら、nfsd カーネルモジュールをアップグレードするにはそのサーバ上の NFS を停止する必要があり、ローカルでマウントされた NFS ファイルシステムによりサーバがハングする可能性があるからです。その他の情報については、NFS Server Recovery Kit ドキュメンテーション を参照してください。
  • TCP を使用すると、forceumount 呼び出し中の Out of Service 操作中にハングする可能性があります。NFS 共有にアクセスできない場合、アンマウントが失敗することがあります。LifeKeeper は、ファイルシステムのアンマウントを複数回試行します。複数回試行することにより、通常、最終的にリソースを Out of Service にすることに成功します。ただし、リソースを Out of Service にする際に遅延が発生します。再試行を回避するには、マウントオプション「nfsvers=3, proto=udp 」を使用します。
  • /sapmnt(または /sapmnt/<SID> )ファイルシステムが NFS 経由で共有されている場合、NFS 共有の喪失に起因する SAP リソース管理アクションのハングを防ぐために、クラスタ内の各ノードの /etc/default/LifeKeeper に「SAP_NFS_CHECK_DIRS=/sapmnt」 を追加する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信