「はじめに」セクションで説明したように、LifeKeeper Single Server Protection は、物理環境と仮想環境の両方で使用できるように設計されています。LifeKeeper SSP を VMware VM にインストールした場合、VMware の HA 機能を LifeKeeper SSP と組み合わせて、保護対象リソースやノードの障害を監視し、復旧することができます。 これらの機能を有効にする方法については、VMware HA と LifeKeeper Single Server Protection の連係の有効化 を参照してください。さらに、LifeKeeper SSP には、VMware vCenter と連携する管理インターフェースを提供するオプションのコンポーネントが用意されています (SteelEye 管理コンソール トピックを参照)。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信