メッセージカタログ は、SIOS Protection Suite for Linux の使用時に検出されるすべてのメッセージのリストを示すとともに、適宜、エラーの原因とエラー状態を解決するために必要な処置の説明を提供します。受け取ったエラーコードをこのリストから探すことができます。

Route53リソース起動にともなうレコードの更新に時間がかる場合があります

Route53のDNSレコードの更新の伝播速度に関して、Amazonでは以下のような情報を提供しています。

Amazon Route 53 よくある質問
Q: Amazon Route 53 での DNS 設定の変更が全体に適用されるには、どのくらいの時間がかかりますか?
http://aws.amazon.com/jp/route53/faqs/

Route53リソースではRoute53 APIを使用してDNSへのレコード更新の状況について確認しています。INSYNCステータスを得られた場合には更新が完了したと判断し、PENDINGステータスが帰ってきた場合には、更新状況の確認のリトライを行います。このような仕様のため、Route53リソースの起動処理としては正しくレコード更新がかけられているにも関わらず、DNSへの更新情報の伝播に時間がかかった場合には、Route53リソースとしては起動失敗の状態になってしまう場合があります。

もし、Route53リソースの起動に失敗した場合には、Route53の管理コンソールをみてAレコードが正しく更新されていることを確認してください。更新されている場合、該当するDNSサービスの更新は完了しており、DNSサービスの更新を反映するには、LifeKeeperのみ更新が必要となります。もう一度LifeKeeper GUIからRoute53リソースを起動してください。

常時前述のようなケースでRoute53リソースの起動ステータスが失敗する場合には、/etc/default/LifeKeeperファイルの「ROUTE53_CHANGEID_TRY_COUNT」の値をデフォルトの5回から1~2回程度値を増やして、状況が改善するかご確認ください。この設定変更にはLifeKeeperやOSの再起動は必要ありません。

DNSレコードのTTLの値を適切に設定してください

スイッチオーバーやフェイルオーバーが発生した後のクライアントからのアクセスは、TTLの設定によって決められた時間が過ぎるまで各クライアントが保持するDNS情報のキャッシュを用いて行います。そのため、TTLの値が長く設定されている場合、切り替わり前のアドレスへのアクセスが発生する機会が増えることとなり、予期せぬ問題が生じる可能性があります。また、TTLの値が短く設定されている場合、頻繁に名前解決が行われるので、ネットワークへの負荷がかかります。環境に応じて、可能な限り短くTTLの値を設定してください。

TTLの設定は、/etc/default/LifeKeeper ファイルで「ROUTE53_TTL」パラメータを設定してください。単位は秒です。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信