AWS環境は、以下の図に示すように構成する必要があります。

VPC Bまたはクライアントインスタンスを含むサブネットのルートテーブルに次のルートを追加します。

送信先
ターゲット
VPC A CIDRブロック AWS Transit Gateway B
仮想IPアドレス AWS Transit Gateway B

AWS Transit Gateway Bのルートテーブルに次のルートを追加します。

CIDR
Attachment
VPC A CIDRブロック AWS Transit Gateway Inter-Region Peering Attachment
仮想 IP アドレス AWS Transit Gateway Inter-Region Peering Attachment

AWS Transit Gateway Aのルートテーブルに次のルートを追加します。

CIDR
Attachment
VPC B CIDRブロック AWS Transit Gateway Inter-Region Peering Attachment
仮想 IP アドレス AWS Transit Gateway Attachment A

VPC AまたはLifeKeeperインスタンスを含むサブネットのルートテーブルに次のルートを追加します。

送信先
ターゲット
VPC B CIDRブロック AWS Transit Gateway A

設定が完了したら、クライアントが高可用性クラスター内の各サーバーのプライベートアドレスと仮想IPアドレスにアクセスできることを確認してください。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信