LifeKeeper ファミリの製品には、多様なシステムリソースにフェイルオーバ保護を提供できるソフトウェアがあります。以下の図に、LifeKeeper の柔軟性、および自動リカバリを指定できるリソースタイプを示します。

  • ファイルシステム 。LifeKeeper では、ext3、ext4、NFS、vxfs、xfs などのファイルシステムの指定とフェイルオーバができます。
  • 通信リソース 。LifeKeeper には、TCP/IP のような通信リソースの通信 Recovery Kit が用意されています。
  • インフラストラクチャリソース 。LifeKeeper には、NFS、Samba、LVM、WebSphere MQ、ソフトウェア RAID (md) など、Linux インフラストラクチャサービス用のオプションの Recovery Kit が用意されています。
  • Web サーバリソース 。LifeKeeper には、Apache Web サーバリソース用のオプションの Recovery Kit が用意されています。
  • データベースとその他のアプリケーション 。LifeKeeper には、Oracle、MySQL、PostgreSQL、Sybase、SAP DB/MaxDB および SAP HANA DB 1.0 / SAP HANA DB 2.0 など の主な RDBMS 製品、および SAP などのエンタープライズアプリケーション用のオプションの Recovery Kit が用意されています。
  • クラウドリソース 。LifeKeeper には、EC2 EIP、Route53 などの通信リソース用のRecovery Kit が用意されています。

LifeKeeper は、多様なリソースタイプについて複数の回復方法 をサポートします。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信