以下のガイドラインを使用して、ストレージとホストアダプタの要件を決定してください。

ストレージデバイス - アプリケーションのデータストレージ要件に基づいて、構成に必要なデータストレージデバイスの種類と数を決定する必要があります。共有ファイルは、ディスクアレイサブシステム (RAID : Redundant Array of Inexpensive Disks) 上に置く必要があります。LifeKeeper は、構成に使用できるハードウェア RAID 周辺装置を多数サポートしています。サポートされている周辺装置のリストについては、ストレージとアダプタのオプションを参照してください。

ストレージデバイスの構成を計画する際には、以下の点を考慮してください。

  • LifeKeeper では物理ディスクまたは論理ユニット (LUN) レベルでリソースを管理し、その構成内では同時に 1 つのサーバのみが各物理ディスクまたは LUN 上のリソースを利用できます。そのため、LifeKeeper の構成を始める前に、ディスク割り当ての計画を立てることをお勧めします。たとえば、アクティブ/アクティブ構成の各階層は、独自の一意の LUN にアクセスする必要があるので、2 ノードアクティブ/アクティブ構成の場合は最低 2 つの LUN が必要になります。

アダプタ - 構成の種類および周辺装置の数に基づいて、必要な SCSI またはファイバチャネルホストアダプタの種類と数を決定してください。 選択するアダプタは、ドライバが使用できるように、LifeKeeper だけでなく使用している Linux ディストリビューションでもサポートされていることが重要です。サポートされているホストアダプタのリストについては、サポートされているアダプタモデルを参照してください。 参照用に、構成マップにホストアダプタを追加する必要があります。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信