1. ASCSERS は、「仮想 IP」の「仮想ホスト名」に基づいてインストールする必要があります。これは、以前のインストール手順でホストファイルに追加されています。まだ完了していない場合は、 SAP のインストール前に必ず実行してください。
    • SAPinst を起動する前に SAPinst プロパティ SAPINST_USE_HOSTNAME を設定し、必要な仮想ホスト名を指定します。( 注記: SAPINST_USE_HOSTNAME の仮想 IP アドレスをメモしておいてください。LifeKeeper で SAP リソースを作成する際に後で使用します。)

注記: sapinst SAPINST_USE_HOSTNAME=vip を指定してください。 vip は、ノード間で浮動する仮想IPです。

以下を実行します。

./sapinst SAPINST_USE_HOSTNAME= {hostname}

    • 7 段階にわけて、 Core サービス を作成して開始する必要があります。 jdbcconnect.jar で権限エラーが発生した場合は、 /sapmnt/STC/exe/uc/linuxx86_64 に移動し、このディレクトリでも jdbcconnect.jar を書き込み可能にしてください(chmod 777 —-)。

エンキューレプリケーションは、SAP のドキュメントおよびとベストプラクティスに基づいて構成し、動作を確認する必要があります。

  1. ASCS および ERS プロファイルは、/usr/sap、sapmnt を含むローカルマウントポイント、またはご利用の環境の SAP ファイルに必要なその他のローカルマウントポイントを指す必要があります。実際のファイルは、インストールおよび構成後に NFS マウントポイントに移動されます。

エンキューサーバーおよびエンキューレプリケータープロセスが sapstart ユーティリティによって自動的に再起動されるのを防ぐために、ASCS および ERS インスタンスプロファイルを変更する必要があります。インスタンスプロファイルを更新した後、これらのインスタンスのSAP Start Serviceを再起動して、変更を有効にする必要があります。「 ASCS および ERS インスタンスプロファイル設定の変更 」に記載されている手順を実行し、その後このページに戻ってセットアッププロセスを続行してください。

  1. ノード 1 で SAP の sapstop を実行します。
  1. LifeKeeper GUI を使用して、ASCS 用に作成された IP アドレスリソースを右クリックし、「In-Service」を選択し、ノード 2 を選択して IP をノード 2 に切り替えます。
  1. ステップ 1 を繰り返してノード 2 に SAP をインストールし、正しく実行できることを確認します。
  1. ノード 2 で SAP の sapstop を実行します。
  1. LifeKeeper GUI を使用して、ASCS 用に作成された IP アドレスリソースを右クリックし、「In-Service」を選択し、ノード1を選択して IP をノード 1 に切り替えます。
  1. ノード 1 で SAP の sapstop を実行し、正しく実行できることを確認します。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信