ハードウェアの要件

  • サーバー: サーバーは、SAP HANAマスターガイド、本ガイドで言及しているSAPノート、SPS for Linuxドキュメント、SPS for Linuxリリースノートに記載されている要件に従って構成する必要があります。
  • ストレージ: SAP HANAシステムレプリケーションを使用しているSAP HANAデータベースの場合、共有ストレージは不要です。特別なストレージ要件は、SAP HANAマスターガイドおよび前述のSAPノートに記載されています。

ソフトウェア要件

  • SPSソフトウェア: 必ずクラスター内の各サーバーに同じバージョンのSPSソフトウェアをインストールし、同じバージョンのSPSソフトウェアパッチを適用してください。
  • SAP HANAソフトウェア: SAP HANA Recovery Kitを使用するには、SAP HANA Platform Edition 2.0 SP04以降が必要です。 SPSおよびSPS SAP HANA Recovery Kitを構成する前に、同じバージョンのSAP HANAソフトウェアを各サーバーにインストールして構成する必要があります。SAP HANAライセンスはハードウェアに関連付けられているため、各サーバーにはSAPの独自のライセンスが必要です。

    LifeKeeperでSAP HANAリソース階層を作成する前に、SAP HANAシステムレプリケーションを有効にして完全に構成し、データベースをすべてのクラスターノードで実行する必要があります。

  • SPS SAP HANA Recovery Kit: SAP HANA Recovery Kitは、SIOS Protection Suite for Linux v9.5.0以降のCoreインストールにオプションのRecovery Kitとしてバンドルされています。
  • Witnessサーバー: SIOSでは、2ノード構成に3番目のノードをWitnessサーバーとして追加することを推奨しています。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信