SAP スクリプトのいくつかはタイムアウト機能を備えており、スクリプトをハングさせて自動的に自分自身を終了させることができます。この機能は、使用不可の NFS 共有による問題に備えて要求されます。これについては、NFS マウントと su トピックでより詳細に説明します。この機能を備えた各スクリプトは、デフォルトのタイムアウト値 (秒単位) を含んでおり、必要に応じて、その値をオーバーライドできます。タイムアウトの待ち時間を短縮するには、必要な NFS ファイルシステムをカンマ区切りリストとして「SAP_NFS_CHECK_DIRS」に追加します。これにより、pin でファイルシステムがエクスポートされていることを確認できます。エクスポートされていない場合はすぐに戻ります。

SAP_CREATE_NAS の有効 / 無効を切り替えできます。SAP_CREATE_NAS のデフォルトは 1 (有効) です。これは、NAS マウントされたファイルシステムの NAS リソースを自動的に含めるために使用されます。無効にするには、このパラメータを 0 に設定してください。

チューニング可能な SAP_CONFIG_REFRESH のデフォルトは LKCHECKINTERVAL/2 です。ユーザーは呼び出し間隔の秒数を変更して、LifeKeeper GUISAP リソースのプロパティパネルを更新できます。

以下の表は、スクリプト名、変数名、およびデフォルト値を示しています。デフォルト値をオーバーライドするには、 /etc/default/LifeKeeper ファイルに行を追加し、そのスクリプトに必要な値を設定してください。例えば、remove スクリプトが終了されるまで 1 分間実行されるようにするには、 /etc/default/LifeKeeper に次の行を追加します。

SAP_REMOVE_TIMEOUT=60

スクリプト名
変数名
デフォルト値
remove SAP_REMOVE_TIMEOUT 804秒
restore SAP_RESTORE_TIMEOUT 516秒
recover SAP_RECOVER_TIMEOUT 1320秒
quickCheck SAP_QUICKCHECK_TIMEOUT 60秒
create NAS SAP_CREATE_NAS 1 (無効にするには 0 に設定)
GUI Properties Panel refresh SAP_CONFIG_REFRESH LKCHECKINTERVAL の値の 1/2
NFS shares to check SAP_NFS_CHECK_DIRS なし

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信