リソース階層が定義されているサーバの優先順位は、編集または変更することができます。最初に、リソースのプロパティを表示する 場合と同様に、Resource Properties ダイアログを表示してください。下に示すように Resource Properties ダイアログの [Equivalencies] タブに、サーバ上の特定のリソースに対する優先順位が表示されます。

優先順位を変更するには、次の 2 つの方法があります。

  • [Up] / [Down] ボタンを使用してイクイバレンシを移動することにより、優先順位を変更してください。または
  • 優先順位の値を直接編集してください。

[Up] および [Down] ボタンの使用

  1. Equivalencies 表で行をクリックして、イクイバレンシを選択してください。選択したイクイバレンシに応じて、 [Up] または [Down] ボタンが有効になります。最も優先順位が高いサーバを選択した場合以外は、 [Up] ボタンが有効になります。最も優先順位が低いサーバを選択した場合以外は、 [Down] ボタンが有効になります。
  1. [Up] または [Down] をクリックして、優先順位リストのイクイバレンシを移動してください。

数値の優先順位の列は変更されませんが、イクイバレンシがリスト内で上下に移動します。

優先順位の値の編集

  1. Equivalencies 表の Priority 列で優先順位の値をクリックすることにより、優先順位を選択してください。優先順位の値の周りにボックスが表示され、値が強調表示されます。
  1. 必要な優先順位を入力して、 Enter を押してください。

注記: 有効なサーバの優先順位は、1 ~ 999 です。

優先順位を編集した後、Equivalencies 表が再ソートされます。

変更の適用

Equivalencies 表で必要な優先順位を設定したら、 [Apply] (または [OK] ) をクリックして変更を適用します。 [Apply] ボタンをクリックすると、加えられた変更内容が適用されます。 [OK] ボタンをクリックすると、加えられた変更内容が適用され、ウィンドウが閉じられます。 [Cancel] ボタンをクリックすると、 [Apply] が直前にクリックされているので、加えられた変更内容を保存せずにウィンドウが閉じられます。

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信