LifeKeeper を停止する必要がある場合は、root ユーザーで次のコマンドを入力して停止してください。

  • /opt/LifeKeeper/bin/lkstop
    このコマンドを実行すると、現在実行されている場合ローカルシステムの LifeKeeper はシャットダウンされます。まず保護されているすべてのリソースをローカルシステムのサービスから削除し、次に LifeKeeper デーモンをシャットダウンします。
  • /opt/LifeKeeper/bin/lkstop -f
    このコマンドは、サービスからリソースを削除するセクションをスキップします。リソースは引き続きローカルシステムで実行されますが、LifeKeeper には保護されなくなります。
     

LifeKeeper の自動起動の無効化

システムの再起動時に LifeKeeper が自動で再起動しないようにするには、次のコマンドを入力してください。

chkconfig lifekeeper off

または

systemctl disable lifekeeper

詳細については、chkconfig (または systemctl)マニュアルページを参照してください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信