Sybase の Adaptive Server、Monitor Server、Backup Server を設定するには、お手元の Installation Guide Adaptive Server for Linux を参照してください。次の考慮事項に従う必要があります。

  • srvbuild ユーティリティもしくはその他の Sybase ASE ユーティリティを使用して Sybase Adaptive Server インスタンスを作成する

    • º すべてのシステムデバイスを共有ストレージ上で設定する


    • º Adaptive Server 設定ファイルを共有ストレージ上で設定する


    • º Adaptive Server 共有メモリディレクトリを共有ストレージ上で設定する


    • º LifeKeeper の切り替え可能 IP アドレスを使用するためのインターフェースを設定する


    • º オプションで、共有ストレージ上にログを設定する
  • 必要に応じて、Sybase Monitor Server インスタンスを作成する

    • º すべてのシステムデバイスを共有ストレージ上で設定する


    • º Monitor Server 設定ファイルを共有ストレージ上で設定する


    • º Monitor Server 共有メモリディレクトリを共有ストレージ上で設定する


    • º LifeKeeper の切り替え可能 IP アドレスを使用するためのインターフェースを設定する


    • º オプションで、共有ストレージ上にログを設定する
  • 必要に応じて、Sybase Backup Server インスタンスを作成する

    • º すべてのシステムデバイスを共有ストレージ上で設定する


    • º Monitor Server 設定ファイルを共有ストレージ上で設定する


    • º Monitor Server 共有メモリディレクトリを共有ストレージ上で設定する


    • º LifeKeeper の切り替え可能 IP アドレスを使用するためのインターフェースを設定する


    • º オプションで、共有ストレージ上にログを設定する

フィードバック

フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信